星雲

2015年2月 1日 (日)

カリフォルニア星雲とIC348

昨年11月22日夜に大河内高原で撮影した、カリフォルニア星雲とIC348付近の星野画像を処理した。

20141122californiaic348l

2014/11/22 22:37 - 24:34
兵庫県大河内高原
光害レベル:SQM-L測定値=21.2
気温 約 4℃

FUJIFILM X-E2
Ai Nikkor 105mm F2.5S -> F2.8
ニコンF-フジXマウントアダプタ使用
ISO1600, 180sec x 32コマ
スカイメモRによるノータッチ恒星時追尾

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.7による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整
トリミング有り

FLT98CFとEOS60Daでカリフォルニア星雲を撮影する傍ら、スカイメモとX-E2で同じ領域を105mm望遠レンズで撮影したもの。X-E2は無改造なのでHαの写りは控えめ。それでもカリフォルニア星雲は明るいため良く写る。一方、IC348の方は非常に淡く写りは今ひとつ良くない。暗黒星雲が分かる程度には処理できたが、もっと露光が必要かも。

このレンズ(Ai Nikkor 105mm F2.5S)は古いレンズなので、色収差が多く、星の周囲にフリンジが発生するし、星の粒が大きくなってしまう。

なお、IC348を出すために強い処理を行い、画像周辺部が荒れてしまったのでトリミングでカットした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

IC410(ぎょしゃ座の散光星雲)

2014年11月22日の夜に大河内高原で撮影した、ぎょしゃ座の散光星雲IC410の画像を処理した。

20141207_ic410l

ぎょしゃ座の散光星雲 IC410
2014/11/22 23:38 - 1:08
兵庫県・大河内高原
光害レベル:SQM-L測定値=21.2
気温:4℃

EOS60Da
William Optics FLT98CF + フラットナーレデューサー4
ISO1600, 300sec x 17コマ
ケンコーSE2赤道儀
笠井ガイドファインダー60, Lodestar Autoguider, iAGによるオートガイド

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.7による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整
4x4ソフトビニング、トリミング無し

ぎょしゃ座の五角形の中にある散光星雲。

画面右側には特徴的な白青黄の3つの輝星が並んでいるが、それを挟んでその右には勾玉星雲(IC405)がある。望遠レンズでは勾玉星雲とセットで撮影されることが多い。

この近辺の広域星野画像はこちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月30日 (日)

カリフォルニア星雲

11月22日夜に大河内高原で撮影した、カリフォルニア星雲(Sh2-220)の画像を処理した(画像はクリックで拡大)。

20141122_californial

ペルセウス座のカリフォルニア星雲
2014/11/23 1:34 - 4:11
兵庫県・大河内高原
光害レベル:SQM-L測定値=21.2
気温:4℃

EOS60Da
William Optics FLT98CF + フラットナーレデューサー4
ISO1600, 300sec x 24コマ
ケンコーSE2赤道儀
笠井ガイドファインダー60, Lodestar Autoguider, iAGによるオートガイド

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.7による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整
4x4ソフトビニング、トリミング無し

ここしばらく望遠鏡直焦点での撮影は暗めの天体ばかり撮影していたが、久しぶりに明るい対象を撮影してみた。いつも画像処理では暗い天体をあぶり出す処理ばかりしているので、その調子で明るいカリフォルニア星雲を処理したら、明るくしすぎてしまった。

それにこの星雲は、いつものFLT98CF+EOS60Daでははみ出してしまう。これはミニボーグの方が良かったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

NGC281(カシオペア座の散光星雲)

9月27日の夜に大河内高原で撮影した、カシオペア座の散光星雲「NGC281」の画像を処理した(画像はクリックで拡大)。

20140927ngc281l

2014/9/28 1:05 ~ 2:36
大河内高原
光害レベル:SQM-L測定値=21.3
気温:14℃

FLT98CF + フラットナーレデューサー4
EOS60Da, ISO1600, 300sec x 17
Guidefinder60, Lodestar Autoguider + iAG
RStackerによるダーク減算、フラット補正
Lightroom 5.6による現像
ステライメージ7、Photoshop CC
トリミング有り

こちらの星野画像を見るとカシオペア座付近の散光星雲分布がわかるが、この画像の中央やや右下(カシオペア座のW字のすぐ下)の小さな散光星雲が、このNGC281になる。

小さな星雲で、APS-Cと500mmでは写野が広すぎになるため、トリミングした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 4日 (土)

NC7822付近(ケフェウス座の散光星雲)

9月20日の夜に大河内高原で撮影したケフェウス座の散光星雲「NGC7822」近辺の画像を処理した(画像はクリックで拡大)。

Ngc7822l

2014/9/20 23:31 - 26:51
光害レベル:SQM-L測定値=21.1
気温:12℃
FLT98CF, フラットナーレデューサー4
EOS60Da, ISO1600, 300sec x 30コマ
RStackerでダーク減算・フラット補正
Lightroom5.6で現像、ステライメージ7、PhotoshopCC

画面上側がNGC7822、下側がCed214という番号が付いている。ケフェウス座内での位置は、こちらの画像を参照。

APS-Cカメラと500mmの焦点距離では、星雲全体がはみ出してしまう。ミニボーグ60EDで撮影した方が良かったかもしれない。

この日は薄雲が次々と通過する中を無理に撮影した。輝星がややにじんでいるのはそのせいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

IC410

今年の1月1日夜に多可町で撮影した、ぎょしゃ座の散光星雲「IC410」の画像を処理した。

このときは薄雲の通過が頻繁にあり、星が滲み気味になってしまっているのが残念。

(画像はクリックで拡大)

20140101ic410l

ぎょしゃ座の散光星雲 IC410
2014/1/2 0:20 - 2:01
兵庫県多可町
気温:-4℃、光害レベル:SQM-L測定値=21.1
EOS60Da
William Optics FLT98CF + フラットナーレデューサー4
ISO1600, 300sec x 15コマ
ケンコーSE2赤道儀
笠井ガイドファインダー60, Lodestar Autoguider, iAGによるオートガイド

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.3による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

IC1805(ハート星雲)の一部分

昨年11月30日に大河内高原で撮影していた、カシオペア座の散光星雲IC1805(ハート星雲)の画像を処理した。

この画像は構図が良くなかったので放置したままになっていたが、それももったいないので、とりあえず処理してみた(画像はクリックで拡大)。

20131130heartl

IC1805 ハート星雲(の一部分)
2013/12/1 0:31~2:52
兵庫県・大河内高原
気温:-1℃、光害レベル:SQM-L測定値=21.1
EOS60Da
William Optics FLT98CF + フラットナーレデューサー4
ISO1600, 300sec x 27コマ
ケンコーSE2赤道儀
笠井ガイドファインダー60, Lodestar Autoguider, iAGによるオートガイド

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.3による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整

焦点距離約500mmにAPS-C(x1.6)のEOS60Daなので、画面からはみ出すのは分かっていて、その上で中心部分のアップを狙ったが、どうも構図が良くなかった。

下図の黄色枠のように、ハートの先端部分(IC1705)を入れるか、もしくは2コマのモザイクにするべきだったと思う(星図は株式会社アストロアーツのステラナビゲータを使用しました)。

20131130map1

なお、今回のダーク・フラット処理はいつも通り「RStacker」を用いたが、Windows版ではなく、Linux(Mono)版を用いてみた。Monoというのは良く知らなかったのだが、.NET Framework互換環境とのこと。

これはまだ試作版だが、とりあえずちゃんと処理できているようだ。といっても、私はLinuxマシンを持っていないので、Windows7上のVMware非商用版にDebian7.2.0を入れ、その上で動作させた。ただし、標準インストールしただけのDebianでは色々足りなかったようで、最初は動作せず、Mono関連と思われるソフトをアプリの管理ツールで適当に入れたら動作するようになった。

Windowsがあるなら特にLinux版を使うまでもないのだが、このMono環境はMacOS Xでも動作するので、Macでも使えるかもしれないとのこと。しかし残念ながら、私はMacも持っていないので、テストできない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月30日 (木)

IC2117 わし星雲

昨年11月30日に撮影したまま放置していた、いっかくじゅう座(一部おおいぬ座)の散光星
雲、IC2177「わし星雲」の画像を、今になってやっと処理した。
(画像はクリックで拡大)

20131130_ic2177_seagulll

IC2177 わし星雲(カモメ星雲)
2013/12/1 3:24~4:40
兵庫県・大河内高原
気温:-1℃、光害レベル:SQM-L測定値=21.2
EOS60Da
William Optics FLT98CF + フラットナーレデューサー4
ISO1600, 300sec x 13コマ
ケンコーSE2赤道儀
笠井ガイドファインダー60, Lodestar Autoguider, iAGによるオートガイド

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.3による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整

わし星雲というと、へび座の散光星雲「M16」の方もそう呼ばれているので、混同しやすい。こちらのほうは英語で「Seagull Nebula(カモメ星雲)」と言うそうだ。私もその呼び名の方が間違えにくくて良いと思う。

この画像はEOS 60Daに約500mmの焦点距離で撮影したので、星雲がはみ出ている。構図としてはあまり良くないため今まで放置していたが、処理してみると、散開星団や暗黒帯も写っていて結構面白い。星雲についても赤だけでなく青くて淡い星雲も混じっていて、様々な恒星の色も合わせ、とてもカラフルな領域のようだ。

私としては、もう少し青みが強い方が好みなのだが、ちょっと不自然なので、青みは控えめに処理した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

M78(オリオン座の反射星雲)

昨年12月29日に多可町で撮影した、オリオン座の散光星雲(反射星雲)M78の画像を処理した。

2013/12/29 23:21 - 12/30 1:35
兵庫県多可町
気温:-6℃、光害レベル:SQM-L測定値=20.6
EOS60Da
William Optics FLT98CF + フラットナーレデューサー4
ISO1600, 300sec x 26コマ
ケンコーSE2赤道儀
笠井ガイドファインダー60, Lodestar Autoguider, iAGによるオートガイド

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.3による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CC, Silkypix6で調整

(画像はクリックで拡大)

20131229_m78bl

オリオン座の中は、散光星雲と暗黒星雲が複雑に混在していて、それを強調処理であぶり出していくとなかなか面白い。

ただ、冬の撮影地である多可町は市街地に近く、オリオン座付近は光害によるカブリが結構あって、あまり良い素材が得られない。そのため処理についても無理しすぎる傾向となってしまう。

なお今回は、ノイズ低減処理の一部にSilkypix6の試用版を用いている(特に縞ノイズ対策)。また、フラット処理しきれなかった画面端部はトリミングして切り捨てた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月18日 (土)

X-E2と200mmレンズによるバラ星雲

1月1日の夜に多可町で撮影した、バラ星雲の画像を処理した。

機材は、こちらの馬頭星雲付近と同様、X-E2とEF200mm F2.8L II USMの組み合わせである。

2013/1/2 2:19 - 3:07
兵庫県多可町
気温:-3℃、光害レベル:SQM-L測定値=20.8
FUJIFILM X-E2
Canon EF200mm F2.8L II USM
EOS-Xマウントアダプタ使用、F2.8開放
ISO3200, 56sec x 22コマ
ポラリエによるノータッチ恒星時追尾

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.3による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整

(クリックで画像拡大)

20130101_rosel


馬頭星雲付近はISO1600・85sec.でガイドズレが多かったため、ISO3200・56sec.に露出時間を短縮したが、ズレはあまり変わらなかった。また、レンズの絞りは開放になってしまうので、星像がやや膨らみ気味で処理に苦労した(これについては、レンズの絞り方を考えていく予定)。

バラ星雲自体の写りについては、無改造機としてはまずまず良好だと思う。

コンポジット枚数はもう少し多めにしたかったが、時間切れで22コマだけになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧