イベント・施設訪問など

2016年10月29日 (土)

ウェスパ椿山

最近は天文活動を全くしておらず、長い間星空を見ていなかったが、先日旅行で訪れた青森県で、思いがけず素晴らしい星空を見る事が出来た。

弘前から「リゾートしらかみ号」に乗り、五能線の美しい景色を見ながらたどり着いたのは、青森県深浦町にあるコテージ宿泊施設の「ウェスパ椿山」。深浦町は全国星空継続観察で日本一になったことがあるほどの星空観察好適地であることは事前に把握してはいたが、宿泊日が月齢14の満月前で、夕方に昇った月が明け方に沈むと同時に薄明が開始する、“暗夜ゼロ”の最悪の条件なので、特に観望や撮影の用意はしていかなかった。

夕食後にレストラン前の駐車場で空を見上げると夏の大三角が見えていたが、月が明るく、特に興味を引かれず、早々に就寝してしまった。

ところが、明け方ふと目が覚めて外に出てみると、西の低空に月は残っているものの、満天の星で、秋の天の川も見えた。とりあえず写真を撮ろうとしたが、持って来ているのは標準ズーム付きのX-E2だけで、三脚もケーブルレリーズも無い。仕方がないので、カメラを直接地面において、適当な小物で角度を調節し、ズームを最広角端にして絞り開放、ISO1600で、タイム(T)露出で最長の30秒にセット、セルフタイマーを使って何とか撮影した。

Wes1_2

施設内には常夜灯やコテージなどから漏れる灯りがあるが、更に月が低くなるにつれて、冬の天の川も見えだした。

Wes2_2

天頂付近の撮影は、カメラを地面に上向きにおいて行ったので、ファインダーも背面液晶も見えず、構図は運任せ。

Wes4_2

しかし、すぐに薄明が始まり、天の川が消え、東の方からうっすら明るくなってきた。

Wes3_2

短い時間だったが、久しぶりに天の川が見えるような星空を見る事が出来て、大満足。これがちゃんとした暗夜なら、もっと素晴らしい星空なのだろうと思う。

#

さて、夜が明けてからは、本来の旅行目的である「十二湖」を訪れた。この日の快晴は終日継続し、美しい湖や、白神山地のブナ林散策を楽しむことが出来た。“美しい湖”は、一昨年の「神の子池(北海道)」以来。神の子池が一つだけなのに対し、十二湖は数が多く、主要な湖を見て回るだけでもかなりの時間がかかる。

青池
12aoike_2

沸壺の池
12wakitubo_2

糸畑の池
12itobatake_2

また、ウェスパ椿山は夕日も素晴らしかった(列車の時間が迫っていて、完全に沈むまでは居られなかったのが残念)。  

Sunset_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

JAXA筑波宇宙センター

先週、つくば市に所用で行った際、近くの「JAXA 筑波宇宙センター」にちょっと立ち寄ってみた。

ところが、肝心の「展示館」が改装のため休館となっていた。見学コースは実施されていたが、それに参加するほどの時間も無かったので、あきらめて広場のロケットと、広報・情報棟だけちょっと見て退散した。

つくばにはあまり行く機会が無いので残念。

201506101

201506102

201506103

201506104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

京コンピュータ一般公開

今は満月期だし、この土日は天気が悪くて月さえも見えないので、天文活動は一休み。

ということで、昨日は神戸ポートアイランドで開催された「神戸医療産業都市・京コンピュータ一般公開」へ出かけてきた。一番の目当ては、普段は入ることが出来ない「京コンピュータ」の一般公開を含む、計算科学関連施設。

ポートライナー「京コンピュータ前」駅を降りてすぐのところに、これらの施設が隣接して建てられている。

201310191


左側の建物が、京コンピュータが入っている理化学研究所・計算科学研究機構

それと渡り廊下で結ばれている右側の建物(半分画面からはみ出ている)が、計算科学センタービルで、ここの1~2階は計算科学振興財団(FOCUS)、3~7階は兵庫県立大学大学院が入っている。FOCUSは企業が京などのスーパーコンピュータを利用する際の支援をする機関で、この建屋の1階に独自のスパコン(FOCUSスパコン)を設置運用している。

京の計算能力が約10.6ペタFLOPSで、FOCUSスパコンは27テラFLOPSなので、FOCUSスパコンは京の約400分の1程度の能力となる。しかし、FOCUSスパコンは汎用性の高いx86の汎用CPU(インテルXeon)とLinux OSなので、利用するためのハードルは低い。それに利用料金が1ノード(12コア)を1時間使って100円(税抜)というのはかなり安め。また今冬には245テラFLOPS(京の40分の1)程度の計算機を追加増強する予定だそうだ。ただし、この増強分の能力のほとんどが、汎用CPUではなく「コプロセッサ」による物(こちら参照)なので、プログラム次第と言ったところ。

うんちくはともかく、左側の建物へ入り、エレベータで6階の「京コンピュータ」見学室へ。この部屋に入るのは、昨年の一般公開以来2回目。今回は写真撮影もOK。

201310193

赤くて速そうな(?)筐体が整然と並んでいる。全部で864台あるそうだ。

まあ、これは見ていても何かが動いたりするものでは無いので面白味には欠けるかもしれないが。とにかく柱のない空間によくこれだけ並べたと感心する。

一般公開なので、見学室は入れ替わり立ち替わり人が一杯。写真OKということで、多くの人がスマホで写真を撮っていた。

201310194

同じ建物の1階には、京に関する様々な説明が展示されている。この展示コーナーは普段でも見学可能(平日昼間の受付が開いている時間)。

201310192


システムボードは、CPUとメモリがほとんどのシンプルな構成に見えるが、水冷のための部品とパイプで覆われている。右側の太い水冷ホースが目立つ。

201310195

ノード間の接続は「Tofu(とうふ)」という6次元的接続で、データのやりとりを効率的に行っているそうだ。

京を見た後は、隣接する各施設の一般公開展示を一通り見て回った。

甲南大学では、ずらっとならんだ双眼顕微鏡で様々な生物の組織などを見たが、「やはり光学観察は双眼が良い」と再認識し、顕微鏡が欲しくなったり、望遠鏡に双眼装置を付けたくなったり、物欲をかき立てられて困った。

兵庫県立大学では3次元可視化装置の体験ツアーをしていたが、こちらは定員一杯で参加できず残念。シミュレーション学研究科の展示を見て回った。そういえば、「西はりま天文台」も兵庫県立大の管轄だし、県立大の理系はいいなあ。

神戸大学統合研究拠点では、同じく3次元可視化システムの映像を見る事が出来た。といっても可視化装置(パイ・ケイブ)の本体では無く、350人入るホールでの、3次元メガネ使用によるスクリーン投影(こちらと同じ)。

ここでは、宇宙の始まりから銀河が形成される様子、超新星爆発のメカニズムと過程、従来より細かい500m格子による気象シミュレーション、惑星探査機用イオンエンジンのプラズマ放出のシミュレーションなどを、迫力のある3次元映像で見る事が出来て、天文ファンとしては大満足の内容。

これも、プラネタリウム番組やTVの科学番組等のエンタテイメントのプロの作品では無く、基本がパワーポイントのスライドだったり、ナレーションを研究者の方自らしていたり、専門用語が多用されているなど、適度に手作り感・学会発表的なアカデミック感があって、むしろ良い感じだった。

天文趣味としてはどうしても観測系(写真撮影・観望・簡単な記録など)がメインになるが、今回のような研究を見ると、理論・シミュレーションも良いなあと思う(天気に左右されないし)。昔は中野主一さんの天文プログラムの書籍を買って、非力なPCにプログラムを打ち込んで動かしたり、自分なりにカスタマイズして遊んだものだが、今はステラナビゲータを使うだけになってしまった。

その他、医療関係の公開施設も一通り見て、様々な科学分野への関心が高められた一日だった。
(ご関係各位、休日出勤お疲れ様でした)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

鳥取市さじアストロパーク(佐治天文台)

5月3日~5月5日の2泊3日で、鳥取市の「さじアストロパーク」へ行ってきた。メンバーは、いつものりんしゃんさん、A(2)さん、A(3)さんと、友人らの計8人。

20110503saji3 天文台前では八重桜が満開。こちらの天文台には103cmの望遠鏡やプラネタリウムがある。


20110503saji1 初日の夜はこの103cm望遠鏡による観望会に参加した(これは有料)。
見せてもらえたのは、土星、球状星団M3、系外銀河M51(子持ち銀河)、スピカ、アルクトゥールスの5天体。
土星はシーイングが悪いためか大口径の威力がよく分からず残念だったが、M3は中心部まで星に分解でき、M51は銀河の腕まで確認出来た。2つの恒星は色の違いを見てみようという趣旨だったが、限られた時間の中で見るのなら、恒星ではなくもっと大口径の効果が分かる天体の方が良かったように思う。


20110503saji2 こちらは今回宿泊したコテージ「パラス観測所」。31cm反射赤道儀が設置されている。初日の観望会の後はコテージに戻り、この31cmで観望を行った。
ここでも土星があまり良く見えなかったのは、シーイングのためだろうか。
他には球状星団(M3,M13)や系外銀河(M51,M82)、惑星状星雲(M57)などを見たが、濃い黄砂が来ていたようで透明度が悪い印象を受けた。


その後、外に出て明け方までスカイメモR+カメラレンズで星野写真の撮影を行ったが、やはり黄砂の影響で空が濁っており、あまりきれいな画像は得られなかった。

201105041 コテージ「パラス」と北天


201105042 南の天の川。
黄砂によるカブリが酷い。


普段撮影を行っている兵庫県南部と違い、ここの南天は光害が少なく、さそり座~いて座付近の撮影に期待をしていたのだが、残念である。

2泊目の晩は黄砂はかなりマシになったが、代わりに薄雲が広がった状態が続いたため、観望・撮影ともあきらめた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月11日 (火)

2011/1/8 - 10 西はりま天文台公園(2)

前回の続き)

西はりま天文台公園訪問の2日目(1/9)だが、この日も夕方は良い天気で、月(月齢5)と木星がきれいに見えた。

20110109_moonjupiter 天文台と月齢5の月、木星
2011/1/9 17:47
EOS Kiss X2 / タムロンA16(17mm F4.5)
ISO200, 4sec


この日は、りんしゃんさんが薄明中から26cm反射で木星のWEBカメラ撮影に取り組んだが、シーイングが悪く、なかなか良い画像が得られなかった(眼視で見ても、シーイングの良い時の10cmアポで見る木星像に劣る感じであった)。

また、昨夜と同様に天文台と北天の日周運動を固定で撮影開始したが、今回も8コマほど撮ったところで雲に覆われ、雪も降ってきたので中断した。

20110109_harima800 2011/1/9 18:48~
EOS Kiss X2 / タムロンA16(17mm F3.5)
ISO1600, 30sec x8コマ 比較明合成


その後は、昨日に続き「なゆた観望会」に参加したが、悪天候のため観望は中止。スタディールームで、研究員の方の「天体のお話」となった。内容は「なゆた」見られる(撮れる)天体を、地球に近い方(月)から遠い方(120億光年彼方の銀河)まで、クイズを交えて紹介されたが、さすがに話し方(聞かせ方)が非常に上手く、小さい子供から大人まで、楽しめて為になる内容だった。なゆたは前日に見ているので、この話を聞けたことも有意義だったと思う。

さて、お話の後は「なゆた」自体の見学会だが、それはこれまで何度も見ているので、積雪がひどくならないうちに家族用ロッジに帰った。その後、夜中に何度か外を見に行ったが、時折星が見える程度で、観測出来るほどでは無かった。

201101101 最終日(1/10)、朝起きてみると天文台公園全体が雪に覆われていた。

201101102

天候が回復すれば雪景色を撮影しようと思ったが、更にまだ降って来る状態。

201101103 今回はこれで終了として帰宅した。

今回の天文台訪問では、スカイメモRや改造デジカメを使うほど晴れず残念だったが、前回見られなかった「なゆた」を見る事や、26cmでの星雲星団観望が出来たので、まずまず、といったところだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

2011/1/8 - 10 西はりま天文台公園(1)

この土曜から月曜の3連休(1/8~1/10)を利用し、西はりま天文台公園に2泊してきた。メンバーは私とA(2)さん、A(3)、りんしゃんさんの4人。

前回訪問時(2011/2/13 - 14)は曇りで全く星が見えなかったので、今回にはかなり期待していた。

201101081_2まず1日目(1/8)だが、現地に到着した夕方には雲も少なく良い天気であった(写真は、「なゆた」望遠鏡のある南館。手前のドームが、今回借りた26cm反射望遠鏡のあるサテライトA)。


「なゆた観望会」も無事快晴の状態で行われ、「リゲル(二重星)」、「オリオン大星雲」、「M37散開星団」、「木星」、「青い雪玉星雲」、「h・χのhの方」等を見る事が出来た。さすがに2m鏡だけあって、リゲルはものすごく離れて分離、トラペジウムE星は余裕で見えた(当然F星も見えるはずだが、わずか数秒間の観望時間では、どれがそうなのか認識出来なかった)。また、青い雪玉星雲は初めて眼視で見ることが出来た。

その後、借りているサテライトドームAの26cm反射望遠鏡で観望を開始した。
「なゆた」では倍率が大きすぎて全体が見えないオリオン大星雲も、約45倍で鳥が羽を広げたような様子全体がはっきり分かった。私が所有する最大口径の12cm屈折(SE120)とは次元の違う見え方であり、星雲星団の眼視はやはり口径が重要だということを再認識した。
これなら写真遠征を一時やめて、25~30cmぐらいのドブソニアンを購入し、眼視onlyの遠征をしばらくしても良いかも、と思った(ほんとは両方したいが車に載らない)。

なお、この日は「友の会」の例会だったようだ。隣のサテライトドームBでも写真撮影グループが活動されていた。私もここ数年間家族会員を継続しているが、例会には参加経験がない。この日も例会とは知らず、一般客として家族ロッジに宿泊していた。やはり「宇宙Now」はちゃんとチェックしないと。

ドームでの観望と並行して、固定撮影で天文台と北天の日周運動を写真に収めようとしたが、撮影を始めてすぐに雲が湧いてきて中断してしまった(せめて後20分保ってくれれば良かったが)。

20110108_harima1071 2011/1/8 23:13~
EOS Kiss X2 / タムロンA16(17mm F3.5)
ISO800, 30sec x10コマ 比較明合成


この日はこれで終了。家族ロッジに帰って寝てしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

ペルセ群(大塔コスミックパーク星のくに)

今年のペルセウス座流星群は、奈良県五條市の「大塔コスミックパーク星のくに」へ宿泊して観測することになった。期間は8月11日の晩と12日の晩(2泊)。メンバーは、いつものりんしゃんさんを含む学生時代の友人と、我が家からA(2)さん、A(3)さんを合わせて計8人。

“星のくに”は、学生時代に天文研究会の合宿で泊まって以来、ウン十年ぶりである。当時はまだ五條市ではなく大塔村であった。

201008131 国道168号線沿いに道の駅「吉野路大塔」があって、“星のくに”はそれに隣接した高台にある。この写真は、道の駅を上から見下ろす場所から撮った。


201008132 私達が泊まったのは「ドーム付きバンガロー」。近くにスライディングルーフなどがある。


201008133 ドーム内の望遠鏡はFCT125で架台はMS-5。


さて、肝心の天気の方だが、運悪く台風4号が日本付近を通過している最中であり、初日の8/11の夜は曇りで、ぱらぱらと雨も降ってくる状況であった。23時頃に少しだけ晴れ間があり、大きな流星を一つだけ見る事が出来たが、それで終了。持参した機材もドームのFCT125も出番なしであった。

2日目(8/12)の晩も夕方までは曇りがちであったが、22時頃から急速に晴れ間が見え始め、快晴となった。そこで早速スカイメモを出して広角で撮影しながら空を眺めることにした。

しかし、この場所は前述の通り国道沿いであり、道の駅の隣であるので、観測場所としては好条件とは言えない。道の駅に次々と入ってくる車のライトで周囲の建物や樹木などが照らされてかなり目障りだ。
また、ペルセ群極大ということで、宿泊客や道の駅から昇ってくる人も多く、中には懐中電灯で空を照らしたり、フラッシュを光らせて写真を撮る人もいた。有名流星群の極大日のような日には、各地の天文施設がこのような状態になるのは仕方のない事なのだろう。

そのような状況下ではあったが、流星は順調に流れており、あちこちで「流れた」という声が上がっていた。私はカメラを触りながらだったので、1時間ぐらいの間に数個しか見えなかったが、寝転んでずっと空を見続けていた人は、10個以上は見ていると思う。ペルセ群らしく、明るくて痕を引く派手なものが多かった。

また、バンガローのFCT125では木星を見る事が出来た(時間があれば直焦点をやってみたかったが、今回は出来なかった)。

なお、SQM-Lで光害測定をしたところ、下記の通りとなった。

【2010/8/12 22時57分】
天頂:20.8(等/平方秒)
南45度:20.9(等/平方秒)
北45度:20.7(等/平方秒)

いつもの砥峰高原と逆で、南は低空まで光害がない。また、北の方は光害がある。
道の駅に多くの車が入ってライトを点けている状況での測定なので、普段はもっと暗いのかもしれない。

さて、晴れてから1時間ぐらいしたころ、今度は急に霧が発生し、全天を覆い尽くしてしまった。それから2時半ぐらいまで粘っていたが、結局霧が晴れず撤収となった。

写真の方には流星が全く写っていなかった。カメラを向けていた方向にも結構明るいのが流れたと思うのだが、残念だ。

20100812_aql わし座~いて座の天の川
KissX2 / タムロンA16
17mm F2.8開放
ISO800 / 180sec
スカイメモRによるノータッチガイド


右下の黒い部分はバンガローの屋根。周囲の明かりを避けて建物の間の狭いところで撮影したので、こうなった。天の川と流星の組み合わせを狙ったが、写ってくれなかった。

それから、先日専用三脚をカメラ用三脚に変えたスカイメモだが、問題なく撮影が出来た。ただし、極軸はかなり合わせにくくなった。極軸望遠鏡のパターンに北極星を入れるべき切れ目があるのだが、そこに北極星をどうしてもぴったり入れられなかった。なので望遠レンズではちょっと辛いと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月31日 (土)

明石市立天文科学館

20100730kagakukan_2 私は電車通勤で毎日明石駅を通過しているので、明石の天文科学館は毎日車窓から見ているのだが、おそらく十数年以上は訪れていないと思う。それがこの春にリニューアルされたとのことで、今日、A(2)さん、A(3)さんと共に、久しぶりに行ってみた。


子供の頃は神戸に住んでいたのだが、まだ神戸市立青少年科学館も無い頃で、プラネタリウムと言えば「明石」であった。小学生の頃から高校生ぐらいまでの間、結構何回も行ったように思う。

うっすらと覚えているのは、展示室の真ん中に大きな太陽系の模型があったこと。それから、星の重力と動きを説明する模型が印象に残っている。これは言葉では説明しにくいが、真ん中に穴が空いた漏斗状の面があり、その端から鋼球が円周方向に射出されて回転運動をするが、それが徐々に中心に向かって落ちていくというもので、最後には中心部の穴に吸い込まれて終わる(つまり、ブラックホール)。
これら二つの模型は何故か気になって、ずっと見ていたような気がする。

20100730scope さて今回だが、まず入館してすぐに16階の天体観測室の見学をした。ここには西村製作所の40cm反射望遠鏡がある。残念ながら曇りだったので昼間の星は見えなかったが、明石海峡大橋のアップを見せてもらった。


それから、展示の様子も昔とは変わって豪華になった印象だ。でも、子供の頃のお気に入りだった上述の2点の模型が既に無かったのがちょっと寂しかった。あの昭和的な感じの模型もなかなか良いとは思うが、今の展示室の雰囲気には似合わないのかも。

20100730zeiss プラネタリウムは、まだまだ現役のツァイス製。これは今年のはじめにオーバーホールされたようだ。最近はほとんど自然の星しか見ていなかったので、プラネタリウムを久しぶりに見ると結構新鮮だ。星はコントラストが高く、南天の光害は無いし、黄砂も無いし、薄雲も来ないし、真っ暗でSQM-L測定値=23、ぐらいの感じ。


20100730tokeisou帰途に見たのは、科学館入り口付近に植えられている「トケイソウ」。


20100730tokeisou2 トケイソウの説明。


それから、A(2)さんはシゴセンジャーに会えなかったのが残念だったようだ。
しかし、それは明石が平和であるという事なので、良いのではないか。
確実に会うには、彼らのスケジュールを把握しておく必要があるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

はやぶさの動画・画像

昨夜は(このブログで書いたとおり)和歌山大のネット中継で、はやぶさの再突入を見ることができた。配信が数分の遅延気味ではあったが、暗い画面に突然明るい火の玉が現れ、雲を照らし、輝きながら消えていったのを見たときは、なかなか感動的な気分であった。現地で中継されていた方々の音声が入っていたのも、臨場感があって良かったと思う(下記URL)。

http://www.ustream.tv/recorded/7634995

さらにびっくりしたのが、深夜のNHKニュースで流れた映像。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100614/k10015087141000.html

はやぶさ本体がバラバラに分解しながら燃え尽き、その横をカプセルが真っ直ぐ尾をひいて進んでいるのがハッキリ分かる。何でこんな間近で撮れるんだろう。やはり予定の場所にかなりの精度で落とす事が出来たのだろうか。NHKは生中継でなかったのが残念だが、この映像を見ると「さすが」としか言いようがない。

こちらはNASAが航空機から撮影した映像。こちらもなかなか。

http://www.media-i.com/Hayabusa/index_nasa.html

一方、新聞社も次々と素晴らしい写真を撮影して公開している。
落下後すぐに公開された読売新聞の画像。

http://www.yomiuri.co.jp/space/news2/20100613-OYT1T00818.htm

朝日新聞。これも素晴らしい。

http://www.asahi.com/science/gallery/100614_hayabusa/111_starryhayabusa.html

NHKにしろ新聞社にしろ、一回きり&一瞬しかないチャンスを確実に、しかも美しく捉えているのは、さすがプロだと思う。

そして、はやぶさ自身が、カプセル分離後に最後のミッションとして取り組んだ「地球撮影」。
最後の力を振り絞ってカメラを地球に向け撮影し、画像を送信した。

http://twitpic.com/1wh78q

画面の下の方が送信しきれなくて途切れているようだが、ほんとにギリギリだったんだという感じが伝わってくる1枚。

さて、カプセルも無事回収されたようだし、あとは分析待ち。期待したい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

はやぶさ帰還

和歌山大学のネット中継で見る事が出来た(USTREAM)。

下記URL 2分55秒ぐらいから。

http://www.ustream.tv/recorded/7634995

後で録画されたものを何回でも見られると分かっているのだが、リアルタイムでみるとやはり感動する(実際は数分ほど遅延していたようだが)。

現地で中継してくれた方に感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)