ASI294MC Pro

2019年5月 6日 (月)

M16(わし星雲)の中心部

昨日処理したM16(わし星雲)の中心部分をピクセル等倍相当で切り出して再処理した。

20190503_m16center4

2019/5/4 1:16 - 3:08 /兵庫県明石市
気温 16℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.5
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度0℃ ゲイン300, 180sec x34コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット処理
DeepSkyStackerでコンポジット(2x Drizzle)
Photoshop, ステライメージで調整
2x2ソフトビニング後、中心部を切り出し

「ピクセル等倍相当」というのは、DeepSkyStackerで一旦2x Drizzle処理を行って解像度を2倍にして、ノイズ低減や強調・シャープなどの各種処理を行い、その後にステライメージで2x2ソフトビニングを行って元の解像度に戻したため。本来は単なるピクセル等倍切り出しと比較してその効果を確認すべきだが、それは手間なので行っていない。

有名な「創造の柱」も詳細が結構分かる程度まで写っており、陰影による立体感も出ている(更にもう少し立体的な感じにしたかったが)。

スターシャープ処理をしているが星像が膨らんだ感じは残ってしまい、色彩の乏しさも残念。しかし光害地の自宅で10cmクラスの短焦点屈折鏡でこの程度撮れるようになってきたのはありがたい。冷却COMSカメラの低価格化、高性能なワンショットナローバンド対光害フィルタ、撮影・オートガイドソフト・画像処理ソフトの高性能化、など、ここ数年で天体写真機材環境が大きく進歩している。少し天体写真から離れていただけで、何がどうなっているのかさっぱり分からず、追いつくのが大変。

しかもフィルム時代に比べて撮影と画像処理の時間は大幅に増えた。

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

M16 わし星雲(光害地・Quad BPフィルター)

2019/5/3の夜に自宅で撮影した、へび座の散光星雲+散開星団M16(わし星雲)の画像を処理した。

20190503_m16bind5

2019/5/4 1:16 - 3:08 /兵庫県明石市
気温 16℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.5
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度0℃ ゲイン300, 180sec x34コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット処理
DeepSkyStackerでコンポジット
Photoshop, ステライメージで調整
3x3ソフトビニング後、周辺部をトリミング

光害地である自宅でも、冬の間はQuad BPフィルターを用いて散光星雲をそこそこ写すことが出来た。特にM42(オリオン大星雲)のように明るめの星雲は、遠征地に遜色ない結果が得られた(ただし、色彩感には乏しくなってしまう)。

さてそろそろ夏の天の川が見えるようになってきたが、いて座~わし座付近の散光星雲は高度が低く、しかも春夏の透明度の悪い空での撮影となる。

そこでまず、その中でも一番高度が高くなるM16の撮影で様子を見ることにした。なお、気温の上昇については冷却カメラなので問題ないが、外気温との差が大きくなりすぎるため設定温度は0℃にとどめた。

その結果、まずまず良好な写りになることが分かった。さすがに淡いところまでは写らす、相変わらず青色が出ないが、以前遠征地でEOS Kiss X2を用いて写した画像よりも良い感じ(これは画像処理ソフトの進歩に依るところが大きい)。

この大型連休は昼晴れても夜曇ることが多く、2回の遠征はほぼ敗北。3回目は中止。そして自宅で待機したこの5/3の夜は晴れていたようで、なんとも悔しい結果となった。それでもこうして光害地の自宅でもある程度撮影できる環境になってきたのが救いではあるし、光害地でどれだけ撮れるか撮影機材と画像処理を追究するのもそれはそれで面白くはある。しかしやはり遠征地で撮影できるに越したことは無い。

| | コメント (0)

2019年4月 7日 (日)

M57(環状星雲)・光害地

2019/4/6夜(4/7未明)に自宅で撮影した、こと座のM57(環状星雲)の画像を処理した。M57はドーナツ星雲またはリング星雲とも呼ばれる惑星状星雲で、光度9.0等、視直径2.5'となっている。

20190406_m57640

2019/4/7 3:18 - 4:13 /兵庫県明石市
気温 11℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.4
FLT98CF + EXTENDER EF1.4X (865mm F8.8)
LPS-P2フィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度0℃ ゲイン300, 180sec x17コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
Photoshop, ステライメージで調整
ピクセル等倍、640x640でトリミング

春は視直径の小さな天体が多いが、20cmクラスの鏡筒を新たに購入して運用するのも色々大変そうなので、とりあえず安い中古でキヤノンの1.4倍エクステンダー(初期型)を購入した。焦点距離は865mm、F値は8.8とかなり暗くなるため、Quad BPフィルターの使用はやめてLPS-P2を用いた。

現在、各種鏡筒とカメラ類の接続はEOS用のEFマウントで統一しているので、今回のセッティングとしては、カラー冷却CMOSカメラ(ASI294MC Pro)のEFマウントと直焦点用アダプタの間にエクステンダーを単純に挟むだけで、特にアダプタ類の調整は必要としなかった。

20190406m571

ピントがなかなか合わせにくく恒星が膨らみ気味だが、ガイドは良好だったので、とりあえずピクセル等倍で処理した。

この日は黄砂が来ていたようで白っぽく霞んだ空だったが、それでもM57はしっかりと写ってくれた。

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

NGC2903(光害地・Quad BPフィルター)

2019/3/8夜、光害地の自宅で撮影した、しし座の系外銀河BGC2903の画像を処理した。

20190308_ngc2903640    

2019/3/8 22:29 - 23:30 /兵庫県明石市
気温 4℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.5
FLT98CF 直焦点(618mm F6.3)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度-10℃ ゲイン300, 180sec x19コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
Photoshop, ステライメージで調整
2x2ソフトビニング後、640x640でトリミング

NGC2903は、「ししの大鎌」の刃の先端付近にあり、光度8.9等、視直径12.6'とメシエ天体並みの明るさと大きさで、小口径でも比較的撮影しやすい。

今回もFLT98CF(f=618mm F6.3)の直焦点、ASI294MC Pro(カラー冷却CMOS・フォーサーズサイズ)、Quad BPフィルターの組み合わせで撮影した。この冬は自宅でこの組み合わせによる撮影を続けてきたが、散光星雲も系外銀河もメシエ天体級の明るさなら予想以上に良く写ってくれた。しかし、どうしても色彩に欠けてしまい地味な感じになる。

そろそろ寒さも和らいできたので、遠征撮影を再開したい。
 

 

| | コメント (0)

2019年3月24日 (日)

M64 黒眼銀河(光害地・Quad BPフィルター)

2019/3/8夜に光害地の自宅から撮影した、かみのけ座の系外銀河M64(黒眼銀河)の画像を処理した。
    
20190308_m64640
     
2019/3/9 0:18 - 2:14 /兵庫県明石市
気温 4℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.5
FLT98CF 直焦点(618mm F6.3)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度-10℃ ゲイン300, 180sec x34コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
Photoshop, ステライメージで調整
2x2ソフトビニング後、640x640でトリミング
     
M64は光度8.5等、視直径9.3' と小さめだが、短焦点鏡筒でも黒眼の不気味な様子をそれなりに写すことが出来た。

| | コメント (0)

2019年3月21日 (木)

NGC4244(光害地・Quad BPフィルター)

2019年3月8日夜に光害地の自宅から撮影した、りょうけん座の系外銀河NGC4244の画像を処理した。
 
20190308_ngc4244640
2019/3/9 2:44 - 2:47 /兵庫県明石市
気温 2℃、光害レベル:SQM-L測定値=19.0
FLT98CF 直焦点(618mm F6.3)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度-10℃ ゲイン300, 180sec x40コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
Photoshop, ステライメージで調整
2x2ソフトビニング後、640x640でトリミング
 
NGC4244はりょうけん座にある光度10.2等の系外銀河。
春の空は天の川の散光星雲が見えず、撮影対象は主に系外銀河や球状星団になるため小口径鏡筒には厳しい。少しでも視直径の大きな対象がないかステラナビゲータを眺めていたところ、このNGC4244が目に入った。視直径は16.2'と大きいが、細長いので面積は狭い。
 
FLT98CFでは普段フラットナーレデューサー4を付けて490mm(F5)で写しているが、今回は少しでも焦点距離を稼ぐため、久しぶりに618mm(F6.3)の直焦点にした。それでも600mm程度ではあまり微細な構造が写らず、単なる棒のようにしか見えない。
画像処理でなんとか中央の暗黒帯が分かる程度になった。ピクセル等倍ではもう少し細かい構造が分かるが、アラが目立つため2x2ソフトビニングした。
 
使用したカラー冷却CMOSカメラASI294M Proはセンサーの画素ピッチ4.63μmだが、今回のように解像度が必要な場合はPENTAX KP(画素ピッチ3.9μm)の方が良かったかもしれない。

| | コメント (0)

2019年3月16日 (土)

NGC4725と周辺の銀河(光害地・Quad BP)

2019年3月1日夜に光害地の自宅で撮影した、かみのけ座の系外銀河NGC4725と周辺の銀河の画像を処理した。
 
20190301_ngc4725640  
2019/3/2 0:34 - 2::35 /兵庫県明石市
気温 5℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.5
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度-10℃ ゲイン300,  180sec x25コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー
DeppSkyStackerでコンポジット処理
FlatAide, Photoshop, ステライメージで調整
2x2ソフトビニング後、640x640でトリミング
 
下は銀河の番号を入れたもの(括弧内は光度)
 
20190301_ngc4725640b
 
私が所持する鏡筒の最大口径はこのFLT98CF(D=98mm)であり、いつも春の系外銀河の季節と惑星には口径・焦点距離不足を感じている。
系外銀河についてはM51のような明るめのM天体か、「マルカリアンの銀河鎖」のようにいくつかの銀河の集団をまとめて狙うしかない。
 
今回のNGC4725はM天体ではないが、光度9.2等、視直径11.0' とそこそこ大きく、周囲に小さな銀河もあるので小口径・短焦点でも写しやすい。
NGC4747とNGC4712は共に13等級で視直径が2' 程度あり、楕円形の形が分かる程度に写る。PGC86434はステラナビゲータによるとNGC番号も付いていない16等級の暗い銀河のようだが、シミのように写っていて、恒星とは違うことが認識できる。
 
今回は、この前に撮影した「モンキーフェイス星雲」のセッテングのまま撮影した。ピント合わせのやり直しを避けるためQuad BPフィルターを付けたまま撮影したが、系外銀河に効果があるのかどうかよく分からない。
結局3分×25コマしか撮影できず、かなり荒れた画像になってしまった。そのためNGC4725の外側の腕の淡い部分をはっきりあぶり出すのは無理だった。
LPS-P2に換装し露出時間を短くしてコマ数を稼いだ方が良かったかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月10日 (日)

NGC2174 モンキーフェイス星雲(光害地・Quad BP)

2019年3月1日夜に光害地である自宅で撮影したオリオン座のNGC2174(モンキーフェイス星雲)の画像を処理した。
この星雲はふたご座カストルの足元にあり、くらげ星雲やM35に近いため、ふたご座のイメージがあったのだが、実際はオリオンの振り上げた腕の先付近でオリオン座に入るようだ。
 
20190301monkeyl  
2019/3/1 19:38 - 24:00 /兵庫県明石市
気温 10℃→5℃、光害レベル:SQM-L測定値=17.8→18.5
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度-10℃ ゲイン300,  180sec x48コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
FlatAide, Photoshop, ステライメージで調整
3x3ソフトビニング後、800x800でトリミング
 
撮影は19:38から開始したが、途中で大幅にピントがズレてしまい、多数のコマが没になった。再調整して撮影再開し、24時までに48コマ(144分)を確保した。
 
その間に気温も光害レベルも大きく変化してしまったが、このようなとき冷却カメラはセンサー温度を一定に保てるので便利。
 
光害レベルの変化はどうしようもないが、Quad BPフィルターを付けているためか、撮影結果はそれほど大きく変化していない。このフィルターをしばらく使ってみた印象としては、光害レベルが悪い(SQM測定値が小さい)、日没後早めの時間帯から散光星雲を良好に撮影できる感じ。
 
今年に入ってから自宅でカラー冷却CMOSカメラとQuad BPフィルターの組み合わせで撮影しているが、今回の「モンキーフェイス星雲」程度の明るめの散光星雲なら、結構良い感じに写るようだ。もちろん、とても明るい「オリオン大星雲」とか「燃える木星雲・馬頭星雲」等はもっとしっかり写る。
しかし、「くらげ星雲」や「メデューサ星雲」はちょっと苦しい感じだったので、この辺りが限界かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年3月 3日 (日)

くらげ星雲(光害地 Quad BP)

2019年2月24日夜に自宅で撮影した「くらげ星雲(IC443)」の画像を処理した。
 
20190224ic443bind4  
2019/2/24 21:03 - 23:32 /兵庫県明石市
気温 5℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.4
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
サイトロンQuad BPフィルター使用

ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
 
ASI294MC Pro センサー温度-10℃ ゲイン300,  180sec x45コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)

ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー
DeppSkyStackerでコンポジット処理

FlatAide, Photoshop, ステライメージで調整
3x3ソフトビニング後、トリミング
 
春の霞んだような空で、SQM-L測定値は18.4と冬期としては悪い。そのためか冷却CMOS+Quad BPフィルタを用いても星雲の淡い部分は光害に埋もれてしまった。
それをかなり強い画像処理で無理にあぶり出したため、ちょっと不自然な「塗り絵的」な画像になってしまった。
 
下は処理前の画像1コマのみをデベイヤーしただけのもの(4分の1に縮小)。
201902241  
はっきり見えるのはくらげの頭の部分のみ。あとは足の部分が見えるか見えないかといった程度。この段階で見える部分はそれほど強い処理をしなくても自然な感じで出せる。
 
このような強い画像処理で最近便利に使っているのが、FlatAide Proの「バッチキャリブレーション補正」。基本のフラット補正で補正しきれなかった背景のムラを除去してくれる。
 
事前準備については対象天体撮影と同条件で、近くの星野で星雲等が無い領域の画像を1コマ撮影するだけなので簡単。これをシェーディング画像に加工してフラット補正するという仕組み。
 
ただし対象天体撮影中に曇って中断した場合はその後にこの画像が撮影できなくなるため、最初に撮影しておいた方が良いかもしれない。星を除去してボカシをかけるので、ピントを厳密に合わせる必要も無さそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月17日 (日)

M51と周辺の系外銀河(光害地)

2019年2月1日夜(2月2日未明)に自宅で撮影したりょうけん座の系外銀河M51(子持ち銀河)とその周辺の系外銀河の画像を処理した。
 
20190201m51bind5  
2019/2/2 4:30 - 5:30 /兵庫県明石市
気温 1℃、光害レベル:SQM-L測定値=19.1
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
LPS-P2フィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
 
ASI294MC Pro センサー温度0℃ ゲイン390,  60sec x44コマ
撮影ソフト:APT
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
Photoshop, ステライメージで調整、2x2ソフトビニング
M51周辺を800x1000でトリミング
 
春は系外銀河の季節で、小口径では撮影対象が大型のM天体クラスに限られてくる。
その中でもM51は明るく写しやすいが、それでも単独ではまだ小さすぎるので、周辺の小さい銀河と合わせてトリミングした。
フィルターはLPS-P2を用いたが、明るい系外銀河は背景との輝度差が大きいため、色ムラで苦労することは無かった(子銀河周囲の淡い部分まで出そうとするとそれなりに苦労したかもしれない)。
 
下の画像は周囲の銀河の番号(括弧内は光度)を入れたもの。
 
20190201m51bind5b
 
おおむね15等級ぐらいの銀河まで写っているようだ。
 
今回は光害地の自宅で冷却CMOSカメラを使って撮影したが、9年ほど前に遠征地で同じ対象を同じ望遠鏡で撮影していた。
 
20100116_m51640b  

2010年1月17日 / 兵庫県多可町
光害レベル:SQM-L測定値=21.1
William Optics FLT 98 Triplet APO (D=98mm f=618mm)
ケンコーACクローズアップレンズNo.2
Canon EOS Kiss X2 /  ISO800
300sec. x8  コンポジット
ケンコーSE2赤道儀/LVIスマートガイダー
ステライメージ6,Photoshop Elements8による処理
2x2 ソフトビニング後、トリミング

総露出時間はほぼ同じ40分程度。
画像処理ソフトの進歩(特にノイズ低減やディテール強調)があるので単純に比較できないが、あまり変わらないように思う。
(クローズアップレンズをレデューサー代わりにしていたとか、LVIスマートガイダーとか、懐かしすぎる・・・)。
 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)