« M16 わし星雲(光害地・Quad BPフィルター) | トップページ | ブログ移転のお知らせ »

2019年5月 6日 (月)

M16(わし星雲)の中心部

昨日処理したM16(わし星雲)の中心部分をピクセル等倍相当で切り出して再処理した。

20190503_m16center4

2019/5/4 1:16 - 3:08 /兵庫県明石市
気温 16℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.5
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度0℃ ゲイン300, 180sec x34コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット処理
DeepSkyStackerでコンポジット(2x Drizzle)
Photoshop, ステライメージで調整
2x2ソフトビニング後、中心部を切り出し

「ピクセル等倍相当」というのは、DeepSkyStackerで一旦2x Drizzle処理を行って解像度を2倍にして、ノイズ低減や強調・シャープなどの各種処理を行い、その後にステライメージで2x2ソフトビニングを行って元の解像度に戻したため。本来は単なるピクセル等倍切り出しと比較してその効果を確認すべきだが、それは手間なので行っていない。

有名な「創造の柱」も詳細が結構分かる程度まで写っており、陰影による立体感も出ている(更にもう少し立体的な感じにしたかったが)。

スターシャープ処理をしているが星像が膨らんだ感じは残ってしまい、色彩の乏しさも残念。しかし光害地の自宅で10cmクラスの短焦点屈折鏡でこの程度撮れるようになってきたのはありがたい。冷却COMSカメラの低価格化、高性能なワンショットナローバンド対光害フィルタ、撮影・オートガイドソフト・画像処理ソフトの高性能化、など、ここ数年で天体写真機材環境が大きく進歩している。少し天体写真から離れていただけで、何がどうなっているのかさっぱり分からず、追いつくのが大変。

しかもフィルム時代に比べて撮影と画像処理の時間は大幅に増えた。

|

« M16 わし星雲(光害地・Quad BPフィルター) | トップページ | ブログ移転のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« M16 わし星雲(光害地・Quad BPフィルター) | トップページ | ブログ移転のお知らせ »