« NGC4725と周辺の銀河(光害地・Quad BP) | トップページ | M64 黒眼銀河(光害地・Quad BPフィルター) »

2019年3月21日 (木)

NGC4244(光害地・Quad BPフィルター)

2019年3月8日夜に光害地の自宅から撮影した、りょうけん座の系外銀河NGC4244の画像を処理した。
 
20190308_ngc4244640
2019/3/9 2:44 - 2:47 /兵庫県明石市
気温 2℃、光害レベル:SQM-L測定値=19.0
FLT98CF 直焦点(618mm F6.3)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度-10℃ ゲイン300, 180sec x40コマ
撮影ソフト:APT(PHD2連携でディザリング)
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
Photoshop, ステライメージで調整
2x2ソフトビニング後、640x640でトリミング
 
NGC4244はりょうけん座にある光度10.2等の系外銀河。
春の空は天の川の散光星雲が見えず、撮影対象は主に系外銀河や球状星団になるため小口径鏡筒には厳しい。少しでも視直径の大きな対象がないかステラナビゲータを眺めていたところ、このNGC4244が目に入った。視直径は16.2'と大きいが、細長いので面積は狭い。
 
FLT98CFでは普段フラットナーレデューサー4を付けて490mm(F5)で写しているが、今回は少しでも焦点距離を稼ぐため、久しぶりに618mm(F6.3)の直焦点にした。それでも600mm程度ではあまり微細な構造が写らず、単なる棒のようにしか見えない。
画像処理でなんとか中央の暗黒帯が分かる程度になった。ピクセル等倍ではもう少し細かい構造が分かるが、アラが目立つため2x2ソフトビニングした。
 
使用したカラー冷却CMOSカメラASI294M Proはセンサーの画素ピッチ4.63μmだが、今回のように解像度が必要な場合はPENTAX KP(画素ピッチ3.9μm)の方が良かったかもしれない。

|

« NGC4725と周辺の銀河(光害地・Quad BP) | トップページ | M64 黒眼銀河(光害地・Quad BPフィルター) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NGC4725と周辺の銀河(光害地・Quad BP) | トップページ | M64 黒眼銀河(光害地・Quad BPフィルター) »