« M42オリオン大星雲(光害地・ASI294MCPro + Quad BPフィルタ) | トップページ | メデューサ星雲(Sh2-274)とNGC2395・光害地 »

2019年2月 9日 (土)

馬頭星雲と燃える木(光害地・ASI294MCPro + Quad BPフィルタ)

2019年2月3日夜に自宅で撮影した、燃える木と馬頭星雲の画像を処理した。
先週処理した「オリオン大星雲」と同じ日に光害地で冷却カラーCMOSカメラ「ASI294MCPro」と「QUad BPフィルター」を用いての撮影である。
 
20190202batoul  
2019/2/2 22:39 - 2019/2/3 0:23 /兵庫県明石市
気温 3℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.4
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
サイトロンQuad BPフィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度0℃ ゲイン300,  120sec x42コマ
撮影ソフト:APT
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
FlatAideでバッチキャリブレーション背景補正処理
Photoshop, ステライメージで調整、3x3ソフトビニング
 
本来、燃える木と馬頭星雲(の背景星雲)はかなり色が違うはず。燃える木はオレンジ色で、馬頭星雲の背景は赤い。しかし今回はほぼ赤色一色になってしまった。これはQoad BPフィルターを使っていると仕方ないのかも。
 
ASI994MCProのゲインは、今回300とした。前回のオリオン大星雲より暗い対象なので感度を上げたが、その分ノイズが多い気がする。そのためか、星雲の淡い部分はあまりあぶり出せなかった。折角冷却できるのだから、もっとセンサー温度を下げ、ゲインももっと低めで露光時間を長めにするほうが良いのかもしれない。
 
それから、背景ムラの多い光害地撮影で淡い星雲をあぶり出すには正確なフラット補正とカブリ補正が必要だが、通常のフラット処理だけではどうしても完全には補正しきれない。そこで最近活用してるのが、FlatAide Proに最近実装されたバッチキャリブレーション処理のシェーディング画像による背景補正処理。これは、ライト画像撮影時に、撮影対象に近く星雲等が無い領域を1コマだけ撮影しておき、それをシェーディング処理して補正する。これでこれでかなり背景ムラ補正が楽になった。

|

« M42オリオン大星雲(光害地・ASI294MCPro + Quad BPフィルタ) | トップページ | メデューサ星雲(Sh2-274)とNGC2395・光害地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 馬頭星雲と燃える木(光害地・ASI294MCPro + Quad BPフィルタ):

« M42オリオン大星雲(光害地・ASI294MCPro + Quad BPフィルタ) | トップページ | メデューサ星雲(Sh2-274)とNGC2395・光害地 »