« 2019/2/14 L'eclat(レクラ)の惑星ショコラ | トップページ | くらげ星雲(光害地 Quad BP) »

2019年2月17日 (日)

M51と周辺の系外銀河(光害地)

2019年2月1日夜(2月2日未明)に自宅で撮影したりょうけん座の系外銀河M51(子持ち銀河)とその周辺の系外銀河の画像を処理した。
 
20190201m51bind5  
2019/2/2 4:30 - 5:30 /兵庫県明石市
気温 1℃、光害レベル:SQM-L測定値=19.1
FLT98CF + フラットナーレデューサー4(約490mm F5)
LPS-P2フィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
 
ASI294MC Pro センサー温度0℃ ゲイン390,  60sec x44コマ
撮影ソフト:APT
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
Photoshop, ステライメージで調整、2x2ソフトビニング
M51周辺を800x1000でトリミング
 
春は系外銀河の季節で、小口径では撮影対象が大型のM天体クラスに限られてくる。
その中でもM51は明るく写しやすいが、それでも単独ではまだ小さすぎるので、周辺の小さい銀河と合わせてトリミングした。
フィルターはLPS-P2を用いたが、明るい系外銀河は背景との輝度差が大きいため、色ムラで苦労することは無かった(子銀河周囲の淡い部分まで出そうとするとそれなりに苦労したかもしれない)。
 
下の画像は周囲の銀河の番号(括弧内は光度)を入れたもの。
 
20190201m51bind5b
 
おおむね15等級ぐらいの銀河まで写っているようだ。
 
今回は光害地の自宅で冷却CMOSカメラを使って撮影したが、9年ほど前に遠征地で同じ対象を同じ望遠鏡で撮影していた。
 
20100116_m51640b  

2010年1月17日 / 兵庫県多可町
光害レベル:SQM-L測定値=21.1
William Optics FLT 98 Triplet APO (D=98mm f=618mm)
ケンコーACクローズアップレンズNo.2
Canon EOS Kiss X2 /  ISO800
300sec. x8  コンポジット
ケンコーSE2赤道儀/LVIスマートガイダー
ステライメージ6,Photoshop Elements8による処理
2x2 ソフトビニング後、トリミング

総露出時間はほぼ同じ40分程度。
画像処理ソフトの進歩(特にノイズ低減やディテール強調)があるので単純に比較できないが、あまり変わらないように思う。
(クローズアップレンズをレデューサー代わりにしていたとか、LVIスマートガイダーとか、懐かしすぎる・・・)。
 

 

|

« 2019/2/14 L'eclat(レクラ)の惑星ショコラ | トップページ | くらげ星雲(光害地 Quad BP) »

コメント

こんばんは。
非常に久しぶりの書き込みです。
まだまだ、精力的に撮影を続けられていて感服しました。

私はすっかり天文から離れてしまっていましたが、少しずつ復帰しようと考えて訪問してみました。

また色々と教えてください。
(そうは言いつつもほぼ毎週ゴルフの環境も変わってくれないと困るのですが・・・)

投稿: tettou | 2019年2月26日 (火) 22時34分

tettouさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
私もずっと継続しているわけではなく結構波があって、ここ数年ブログも放置状態でしたが、また最近活動再開しています。

といっても体力も落ちているので、光害地の自宅での撮影が増えました。最近は性能の良い対光害フィルターもあり、ずいぶん手軽になりました。

しかし数年休んでいる間に機材やソフトウェアもかなり進歩していて、追いつくのが大変です。

投稿: A(1) | 2019年2月26日 (火) 22時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: M51と周辺の系外銀河(光害地):

« 2019/2/14 L'eclat(レクラ)の惑星ショコラ | トップページ | くらげ星雲(光害地 Quad BP) »