« メデューサ星雲(Sh2-274)とNGC2395・光害地 | トップページ | 2019/2/14 L'eclat(レクラ)の惑星ショコラ »

2019年2月14日 (木)

岩本彗星(C/2018 Y1)とNGC2903の接近

今日(2019/2/14)未明、しし座の系外銀河NGC2903に接近しつつある岩本彗星(C/2018 Y1)を自宅で撮影した。
最接近は6時過ぎなので見る事が出来ないが、出来るだけ近づいた様子を撮るため、薄明開始前まで粘るつもりで0時前から撮影開始した。しかし雲の通過が多く何度も中断し、4時過ぎ頃には残念ながら完全に曇ってしまった。
 
下の画像は、NGC2903と接近した様子がわかるように、60秒露出×8コマ(8分)分だけを恒星基準で合成したもの。彗星の動きが速く、たった8分でも彗星核が線になっている。これ以上は彗星基準で合成する必要がありそうだ。
 
20190214ngc29031200
 
2019/2/14 3:30 - 3:38 /兵庫県明石市
気温 3℃、光害レベル:SQM-L測定値=18.6
BORG71FL+レデューサー0.72xDGQ(288mm F4.1)
LPS-P2フィルター使用
ケンコーSE2赤道儀、PHD2によるオートガイド
ガイド鏡:笠井ガイドファインダー60, オートガイダー:Lodestar Autoguider
ASI294MC Pro センサー温度-10℃ ゲイン300,  60sec x8コマ
撮影ソフト:APT
ステライメージによるダーク・フラット、デベイヤー、コンポジット処理
Photoshop, ステライメージで調整、2x2ソフトビニング
撮影対象近を1200x800で切り出し
 
光害地で、しかも露光時間が短いためか、尾はあぶり出せなかった。
Quad BPフィルターは露光時間が長くかかり動きの速い彗星には不向きなので、今回はLPS-P2フィルタを用いたが、やはり背景の色ムラ処理には苦労した。彗星を単独で写すのであれば、Quad BPでじっくり露光した方が良いかも。
 
それから、0時過ぎからの連続撮影画像を動画化してみた。雲の通過や薄雲の影響で背景レベルが安定せず、ちらついて見にくいが、とりあえず彗星の動きが分かる。
 

|

« メデューサ星雲(Sh2-274)とNGC2395・光害地 | トップページ | 2019/2/14 L'eclat(レクラ)の惑星ショコラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩本彗星(C/2018 Y1)とNGC2903の接近:

« メデューサ星雲(Sh2-274)とNGC2395・光害地 | トップページ | 2019/2/14 L'eclat(レクラ)の惑星ショコラ »