« オリオン座付近の星野 | トップページ | 月と金星の接近 »

2019年1月28日 (月)

ASI294MC Pro

冬本番の寒さだが、夏場の運用を考えてカラー冷却CMOSカメラ「ASI294MC Pro」を導入した。
ひとまずEOSマウントのアダプターで、William Opticsフラットナーレデューサー4に取付けてみた。
 
Asi294mcpro
 
これまで惑星向けにDFK21AU618.ASは使ってきたが、この手のCMOSカメラは初めて使うので、使い方がまだ良く分からない。
とりあえず動作確認のため上の画像のカメラ+レデューサーをFLT98CFに取付けて赤道儀に載せ、オートガイド無し、フラット無し、ダーク無しで、SharpCap3.2でLive Stackingしてみた。なお、光害地なのでEOSマウントアダプターにLPS-P2(48mm)を付けている。冷却温度は0℃。
 
下はGain390, 8sec x 77フレーム(616sec)のスタッキング結果そのまま。対象はM42。
 
Stack_16bits_77frames_616s 
 
ステライメージとPhotoshopで軽く処理すると下のようになった。
 
M42bind3
 
マイクロフォーサーズサイズではあるが、やはりかなりの周辺減光。さすがに光害地のLPS-P2使用でフラット処理無しは厳しい。色ムラも生じており手作業では補正しきれない。
 
しかし中央部はたった10分露出にしてはなかなか良い写りだと思う。ちゃんとフラット撮影しておけば良かった。また、中央部に収まる惑星状星雲とか小さめの銀河ならフラット無しでもいけそう。
 
これからぼちぼち使いこなしていきたい。

|

« オリオン座付近の星野 | トップページ | 月と金星の接近 »

コメント

購入おめでておうございます。
294は凄く良く写るね。

投稿: つき | 2019年1月30日 (水) 06時32分

つきさん、コメントありがとうございます。
最近は晴れていても色々な事情で遠征できず、家で撮影することも多くなってきたので、夏場のことを考えて冷却モデルにしました。

投稿: A(1) | 2019年1月30日 (水) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ASI294MC Pro:

« オリオン座付近の星野 | トップページ | 月と金星の接近 »