« 2018/12/10 ウィルタネン彗星(46P) | トップページ | 対光害フィルタ Quad BPとLPS-P2の比較 »

2018年12月16日 (日)

2018/12/15 ウィルタネン彗星(46P)

昨夜は土曜だが所用で遠征できず、ウィルタネン彗星(46P)は自宅で撮影した。
 
まず、100mm望遠で近くのM45(プレアデス星団)と同じ写野におさめたもの。
 
2018121546pm45l
 
2018/12/16 00:01 - 00:10 /兵庫県明石市
光害レベル SQM-L測定値=19.1, 気温1℃
EOS 60Da, EF100mm F2.8L マクロ IS USM -> F4.0, LPR-Nフィルタ使用
ISO1600, 60sec x10, ケンコーSE2赤道儀による恒星時追尾(オートガイド無し)
Lightroom CCで現像、DeepSkyStackerで恒星基準コンポジット
ステライメージ8, FlatAide Pro, Photoshop CCで調整。若干トリミング有り。
 
DSSには彗星と恒星の両方を止めてスタックするオプションがあるのだが、どうも上手く処理できないので、結局恒星基準で彗星の移動が目立たない10分間分に留めた。
画像処理では、彗星の緑色とM45の青色をかなり強調している。
 
次にBORG71FLによる彗星単独での画像。
 
2018121546pl
 
2018/12/16 01:53 - 02:29 /兵庫県明石市
光害レベル SQM-L測定値=19.1, 気温1℃
PENTAX KP,  BORG71FL+レデューサー0.72xDGQ(288mm F4.1)
LPS-P2フィルタ使用
ISO3200, 30sec x68, ケンコーSE2赤道儀による恒星時追尾(オートガイド無し)
Lightroom CCで現像、DeepSkyStackerで彗星核基準コンポジット
ステライメージ8, FlatAide Pro, Photoshop CCで調整。若干トリミング有り。
 
光害に埋もれているせいか、尾は写らなかった。これからは月明かりが有り、彗星も遠ざかっていくため、46Pについてはこれで終了かも。

|

« 2018/12/10 ウィルタネン彗星(46P) | トップページ | 対光害フィルタ Quad BPとLPS-P2の比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/67490960

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/12/15 ウィルタネン彗星(46P):

« 2018/12/10 ウィルタネン彗星(46P) | トップページ | 対光害フィルタ Quad BPとLPS-P2の比較 »