« JILVA-170 とりあえずの構成 | トップページ | 2018/10/13 加西市(ポラリエかアストロトレーサか) »

2018年10月 8日 (月)

2018/10/7 加東市(JILVA-170本格稼働)

昨夜は台風通過後の晴れ間を狙って、近場の加東市まで撮影に出かけた。
(この辺りは遠征とは呼べないかも)。
 
幸い数時間の快晴に恵まれ、今回はJILVA-170もある程度の時間稼働することが出来た。
先月、彗星(21P)を撮影した際はミニボーグ60ED+レデューサー7885(0.85xDG)にPENTAX KPを用いたが、今回はEOS 60Daを使用し、赤い散光星雲のカリフォルニア星雲を狙ってみた。
Jilvaeos60da
 
 
ひとまずJPEG出力画像をチェック。
 

20181007california1
 
ISO3200で露出時間を120秒としたところ、ガイドの成功率はおおむね8割~9割程度。
特に撮影開始直後にズレているコマが多く、最後の方はほぼ10割成功しているので、望遠鏡やカメラ、コード類の支持の方に問題が有るのかもしれない。
 
中央部ピクセル等倍の切り出し。だいたいこのぐらいならOK。この程度のコマが8割程度
20181007california2
 
このぐらいが1~2割程度。撮影開始後すぐに多発。NGにしたいけど、コマ数を稼ぎたいので、.縮小するのであれば使えそう。
20181007california3  
 
画像処理はまた後日ゆっくりやりたい。
 
導入したばかりのPENTAX KPは、今回は標準ズーム(シグマ18-35mm F1.8)を付け、ポラリエに載せて星野撮影をした。
 
20181007cepl
 
はくちょう座からカシオペア座にかけての星野

 2018/10/7 23:14 - 0:33
兵庫県加東市 気温:20℃、光害レベル:SQM-L測定値(天頂):20.8

PENTAX KP

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM 
(18mm F2.5)
90sec,  ISO3200 x 45コマ

ビクセン ポラリエ
 ノータッチ恒星時追尾
RStackerによるダーク減算・フラット補正

Lightroom CCによる現像、DeepSkyStackerでスタック

ステライメージ8、Photoshop CCで調整 4x4ソフトビニング

短時間露光なので、ポラリエの極軸合わせは覗き穴に北極星を入れただけ。
F2.5まで絞っているが、きつめの処理をすると最周辺部の周辺減光が目立つ。
 
 
明け方は雲が多く、雲を入れた1コマ撮りばかりとなった。
KPは無改造機だが、1コマ撮りでもエンゼルフィッシュやバーナードループがうっすらと確認出来る。
 
20181007orion

|

« JILVA-170 とりあえずの構成 | トップページ | 2018/10/13 加西市(ポラリエかアストロトレーサか) »

コメント

ネットを徘徊していて貴ブログを見つけました。(株)輝星の高槻です。この度はJILVA-170をお買い上げいただき誠にありがとうございます。
今回の記事に「撮影開始直後は追尾が悪い」旨を拝見しました。赤道儀はどんな機種でも、極軸を回して構図を変えた直後は「ギヤが馴染んでいない」ために追尾は悪いです。構図を変えた場合は5~10分くらいほっておいてから露出を開始するとギヤの馴染みの影響を受けません。
これを防ぐためにJILVA-170やPanHead EQには「スタンバイボタン」があります。これを押すと、日周運動の逆方向に高速回転してから日周運動方向に高速回転してその後に日周運動の回転になります。8秒ほどで完了するのでスタンバイボタンを押して10秒後にはギヤが馴染んで追尾が正確になります。必要なのは最初の1枚だけで、その後はすでにギヤが馴染んでいるのでボタンを押す必要はありません。取説が不完全ですみません。スタンバイボタンはユーザーさんに評判の良い機能です。

投稿: 高槻幸弘 | 2018年11月 2日 (金) 11時54分

高槻幸弘 様

コメントありがとうございます。
スタンバイボタンは、初回の撮影では忘れていましたが、2回目から使うようになり、早く安定するようになったように思います。このような機能はこれまでの赤道儀になく、大変便利な機能だと思います。
ついでに言えば、LEDランプ類が下を向いているのもありがたいです。実際の撮影現場で有用な工夫が盛り込まれていると感じました。

撮影開始時のズレですが、鏡筒が軽量のため、ケーブル類(ヒーターやリモートタイマー、カメラ外部電源など)で引っ張られるなどの影響が大きいと思っています。最初は無造作に垂らしていましたが、動かないようにまとめるなどの処置をしてから、かなり安定してきました。後はカメラマウント部のガタや、鏡筒の保持部分も気になっています。いずれにせよ、JILVA自体の追尾精度は問題無いかと思います。

投稿: A(1) | 2018年11月 3日 (土) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/67253300

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/10/7 加東市(JILVA-170本格稼働):

« JILVA-170 とりあえずの構成 | トップページ | 2018/10/13 加西市(ポラリエかアストロトレーサか) »