« JILVA-170 とりあえずの構成 | トップページ | 2018/10/13 加西市(ポラリエかアストロトレーサか) »

2018年10月 8日 (月)

2018/10/7 加東市(JILVA-170本格稼働)

昨夜は台風通過後の晴れ間を狙って、近場の加東市まで撮影に出かけた。
(この辺りは遠征とは呼べないかも)。
 
幸い数時間の快晴に恵まれ、今回はJILVA-170もある程度の時間稼働することが出来た。
先月、彗星(21P)を撮影した際はミニボーグ60ED+レデューサー7885(0.85xDG)にPENTAX KPを用いたが、今回はEOS 60Daを使用し、赤い散光星雲のカリフォルニア星雲を狙ってみた。
Jilvaeos60da
 
 
ひとまずJPEG出力画像をチェック。
 

20181007california1
 
ISO3200で露出時間を120秒としたところ、ガイドの成功率はおおむね8割~9割程度。
特に撮影開始直後にズレているコマが多く、最後の方はほぼ10割成功しているので、望遠鏡やカメラ、コード類の支持の方に問題が有るのかもしれない。
 
中央部ピクセル等倍の切り出し。だいたいこのぐらいならOK。この程度のコマが8割程度
20181007california2
 
このぐらいが1~2割程度。撮影開始後すぐに多発。NGにしたいけど、コマ数を稼ぎたいので、.縮小するのであれば使えそう。
20181007california3  
 
画像処理はまた後日ゆっくりやりたい。
 
導入したばかりのPENTAX KPは、今回は標準ズーム(シグマ18-35mm F1.8)を付け、ポラリエに載せて星野撮影をした。
 
20181007cepl
 
はくちょう座からカシオペア座にかけての星野

 2018/10/7 23:14 - 0:33
兵庫県加東市 気温:20℃、光害レベル:SQM-L測定値(天頂):20.8

PENTAX KP

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM 
(18mm F2.5)
90sec,  ISO3200 x 45コマ

ビクセン ポラリエ
 ノータッチ恒星時追尾
RStackerによるダーク減算・フラット補正

Lightroom CCによる現像、DeepSkyStackerでスタック

ステライメージ8、Photoshop CCで調整 4x4ソフトビニング

短時間露光なので、ポラリエの極軸合わせは覗き穴に北極星を入れただけ。
F2.5まで絞っているが、きつめの処理をすると最周辺部の周辺減光が目立つ。
 
 
明け方は雲が多く、雲を入れた1コマ撮りばかりとなった。
KPは無改造機だが、1コマ撮りでもエンゼルフィッシュやバーナードループがうっすらと確認出来る。
 
20181007orion

|

« JILVA-170 とりあえずの構成 | トップページ | 2018/10/13 加西市(ポラリエかアストロトレーサか) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/67253300

この記事へのトラックバック一覧です: 2018/10/7 加東市(JILVA-170本格稼働):

« JILVA-170 とりあえずの構成 | トップページ | 2018/10/13 加西市(ポラリエかアストロトレーサか) »