« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

2015/2/23 木星

新居に引っ越ししてから約2ヶ月、バルコニー工事などのバタバタが一段落して、やっと赤道儀と望遠鏡を出して木星を撮影できた。

Jp20150223235237n3902b

前回撮影が11/24なので、約3ヶ月ぶり。既に衝は2/7に過ぎてしまっているが、なんとか観望好機に間に合った。また、今回は運良く大赤斑を正面に捉えることができた。

ただし黄砂の影響で透明度が非常に悪く、高度が高い割には暗くて、ゲインを上げたためにノイズが目立ってしまった。一方、シーイングは良好。

旧居のマンションのベランダは南東向きだったので「季節を先取り」だったが、新居のバルコニーは南西向きで「季節を後追い」なので、もうしばらくは木星を観察できそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 7日 (土)

FOUCHER(フーシェ)の天体チョコレート「満ちゆく光/アルテミス」

今年もそろそろ天体チョコレートネタの季節が到来した。

天体(惑星)チョコの2大ブランド(と私が勝手に思っている)、L'eclat(レクラ)とFOUCHER(フーシェ)だが、今年は両方とも新商品はなく、昨年までとほぼ同じのようだ。

しかしフーシェのほうはパッケージのバリエーションが多いため、とりあえずネタに困ることは無さそう。というわけで、今年は「満ちゆく光/アルテミス」を取り寄せてみた。

Artemis1


アルテミスというのは月の女神だそうで、パッケージも月(満月)となっている。

中身はこんな感じ

Artemis2

真ん中の4つが、月の満ち欠けを表現しているらしい。それで「満ちゆく光」ということのようだ。

箱の裏に説明書きがあった。

Artemis3

上弦と下弦は同じ物かと思ったが、種類を変えているようだ。
左上のAnanas(パイナップル)のチョコには黄色くて細いリングが2本入っているが、一体何の天体をあらわしているのかは謎。

その他に普通のチョコも入っているが、天体ではないチョコを入れるくらいなら「皆既月食(赤銅色)」と部分月食(白黒)などを作って入れて欲しかった。

裏返してみた。

Artemis4


フーシェのこのサイズの丸形チョコは、基本的に半球形で裏は平ら(ただし、以前紹介した、棒が付いている物地球は完全球体だった。また、L'eclatは完全球体)。

箱の底は銀河団の画像。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

カリフォルニア星雲とIC348

昨年11月22日夜に大河内高原で撮影した、カリフォルニア星雲とIC348付近の星野画像を処理した。

20141122californiaic348l

2014/11/22 22:37 - 24:34
兵庫県大河内高原
光害レベル:SQM-L測定値=21.2
気温 約 4℃

FUJIFILM X-E2
Ai Nikkor 105mm F2.5S -> F2.8
ニコンF-フジXマウントアダプタ使用
ISO1600, 180sec x 32コマ
スカイメモRによるノータッチ恒星時追尾

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.7による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整
トリミング有り

FLT98CFとEOS60Daでカリフォルニア星雲を撮影する傍ら、スカイメモとX-E2で同じ領域を105mm望遠レンズで撮影したもの。X-E2は無改造なのでHαの写りは控えめ。それでもカリフォルニア星雲は明るいため良く写る。一方、IC348の方は非常に淡く写りは今ひとつ良くない。暗黒星雲が分かる程度には処理できたが、もっと露光が必要かも。

このレンズ(Ai Nikkor 105mm F2.5S)は古いレンズなので、色収差が多く、星の周囲にフリンジが発生するし、星の粒が大きくなってしまう。

なお、IC348を出すために強い処理を行い、画像周辺部が荒れてしまったのでトリミングでカットした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »