« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月11日 (日)

2015/1/10 兵庫県多可町(C/2014 Q2 ラブジョイ彗星)

昨夜はラブジョイ彗星(C/2014 Q2)狙いで、多可町まで遠征した。月の出が21時50分頃なので、それまでの短時間勝負である。

薄明終了頃に現地に着くと、若干雲があるが概ね晴れ。おうし座付近を4cmの双眼鏡でざっと見ると、すぐに見つかった。また、双眼鏡で大体の位置を確認しておくと、次は肉眼でも見えるようになった。肉眼で見える彗星は久しぶりである(ホームズ彗星以来かも?)。

早速写真撮影をすべく赤道儀のセッティングを始め、いつものように「FLT98CF」を望遠鏡バッグから取り出そうとすると、なんと入っていたのは「SE120」だった。このSE120は眼視用望遠鏡なので、カメラアダプタやレデューサーもFLT98CFとひとまとめで家に置き去りである。

このSE120とFLT98CFは似たような望遠鏡バッグに入っているので間違ったらしい。旧居では違う場所に保管していたので間違わなかったが、引っ越し後、無造作に並べて置いていたのが間違いの元のようだ。肉眼級彗星を目の前にしての大チョンボである。

これはショックだったが、仕方が無いので、200mmカメラレンズで撮影することにした(開き直って、SE120での眼視オンリーも考えたが、やはり写真に残したい)。

撮影開始後には雲量が増えてきたが、22時前までに何とか2分×20コマを確保できた。

20150110c2014q2lovejoy550

2015/1/10 21:10 - 21:53
兵庫県多可町
気温:-2℃
光害レベル:SQM-L測定値=20.6

EOS60Da, EF200mm F2.8L USM II -> F4.0
ISO1600, 120sec. x 20コマ

ケンコーSE2赤道儀
笠井ガイドファインダー60, Lodestar Autoguider, iAGによるオートガイド

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.6による現像
ステライメージ7で、彗星核基準で位置合わせ・加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整

4X4ソフトビニング後、トリミング

彗星核に比べて尾は淡い。双眼鏡では確認出来なかった。
尾の長さは結構伸びており、200mm + APS-Cではトリミングをしたものの、結果的にはそこそこ良かったようだ。FLT98CFでははみ出していたと思う。今なら300mm位が良さそうなので、ミニボーグ60EDをもって行けば良かった。できればもう一度撮影の機会がほしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

A's balcony 移転

移転といってもWEBサイトではなく、現実の居住地の話で、昨年末にこれまで住んでいた加古川市のマンションを引き払い、明石市の戸建てへ引っ越しした。

新居はマンションと戸建てが混在する住宅密集地で、2階のバルコニーからは隣家の屋根と自家の屋根の隙間から南西の空の高い部分~天頂がやっと見えるぐらい。旧居の眺めの良さとは比べものにならない。

せめて惑星だけでも観測出来るかと思っていたが、南の隣家の屋根には高いテレビアンテナが立っていたりして、かなり苦しい感じ。今の土星のように高度が低い惑星は無理かも。もちろん水星は見えるはずもない。

旧居は築30年近いマンションでかなりボロく、住むにはあまり快適とは言えなかったが、ベランダから南東方面の眺めは抜群で、西方離角期には水星が連日見えたり、カノープスも光害に埋もれながらも肉眼で見えたり、M42やM45等の明るい星雲なら光害カットフィルターを付けて直焦点撮影が出来たりした。

また、時折やってくる彗星や、月食などのイベントも自宅にいながらにして見る事ができた。

20121205_170

2012/12/5 水星、金星、土星の接近

-----------------------

20121115_m421000

2012/11/15 M42 オリオン大星雲

------------------------

20131220_c2013r1_lovejoyl

2013/12/20 C/2013 R1 ラブジョイ彗星

----------------------------------

この環境を手放すのは非常に惜しかったが、毎日の神戸方面への通勤が少し楽になる事との引き替えに、あきらめざるを得なかった。

今のところ引っ越しの荷物の整理がまだまだ残っていて、バルコニーへの赤道儀設置も出来ていない。出来るだけ早く設置して、とりあえずは木星がどの程度見えるか確認したいが、これまでに比べて観測回数がかなり減ることは間違いなさそうだ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

M63(ひまわり銀河)

昨年12月27日の夜に多可町で撮影した、りょうけん座の系外銀河M63(ひまわり銀河)の画像を処理した。

20141227m63360

2014/12/28 03:35~05:16
兵庫県多可町
光害レベル:SQM-L測定値=20.8
気温 約 -4℃

EOS60Da
William Optics FLT98CF + フラットナーレデューサー4
LPS-P2フィルター使用
ISO1600, 300sec x 18コマ
ケンコーSE2赤道儀
笠井ガイドファインダー60, Lodestar Autoguider, iAGによるオートガイド

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.6による現像
ステライメージ7で加算平均
ステライメージ、Photoshop CCで調整

2X2ソフトビニング後、切り出し

この時はラブジョイ彗星の撮影後、春の空で短焦点のFLT98の対象となる未撮影の天体があまり見当たらず、比較的大きめの系外銀河でこれまで撮影したことのなかったM63を対象とした。
しかし、空は霧のために透明度が悪く、撮影は何度も中断させられ、薄明直前まで粘ってなんとか18コマを確保した。

しかし処理してみると、やはり500mmの焦点距離ではかなり小さい。本当はピクセル等倍でも良いぐらいだが、それではぼやけた感じになるので、2x2のソフトビニングとした。
これが「ひまわり」に見えるかどうかというと、ちょっと苦しい感じかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »