« 2014/6/19 土星 | トップページ | 2014/6/26 釧路 »

2014年6月22日 (日)

XF56mmによるデネブ~サドル付近の星野

5月3日の夜に大河内高原で撮影していた、富士X-E2XF56mm F1.2Rによる、はくちょう座デネブ~サドル付近の星野画像を処理した。

最近色々バタバタとしていて撮影からかなり時間が経ってしまったが、やっと処理できた(画像はクリックで拡大)。

20140503_cyg56l

2014/5/4 2:14 - 3:00
兵庫県大河内高原
富士X-E2、XF56mm F1.2R -> F2.8
ISO1600, 180sec. X 8
スカイメモRによる自動追尾
RStackerにとるダーク減算・フラット補正
Lightloom5.4で現像
ステライメージ7でコンポジット、Photoshop CCで調整

私は星野を撮影するときには、絞りはF4.0程度まで絞るのだが、折角の大口径レンズなので、今回はF2.8にした。こちらのテストでも、F2.8でまずまず使えるということが分かっている。

ただし周辺減光はそれなりにあるので、現地でELパネルによるフラット画像撮影を行い、RStackerでフラット補正した。56mmという焦点距離はAPS-Cでは中望遠になるため、フラット補正は比較的行いやすい。

1コマが3分露出で、コンポジットは8コマとなった。本当はもっと枚数を増やしたかったが、薄雲通過等で没になった画像も有り、8コマだけとなった。

なお、この純正レンズをX-E2で用いた場合、マニュアルフォーカスで厳密にピントを合わせても、撮影後に再生モードにすると何故がレンズが(少し)動いてしまい、再び撮影モードにしたときにレンズが完全に元の位置に戻らず、ピントが微妙にずれてしまう。一コマ撮影後、画像再生をして背面液晶で撮影画像をチェックすると、それでピントがずれるので、続けて撮影する際はもう一度ピントを合わせる必要がある。

初めはこの仕様に気が付かず、一コマ目の画像確認後にピントを合わせず続けて撮影してしまい、ピンボケ画像を量産してしまった。十数コマ撮影して、後でまとめて確認したときにピントが軒並みずれているのが分かったときは相当ガッカリした。

なお、ピントリングは機械式ではなく、リングの回転を検出してフォーカスモーターを動かしているようなので、テープ止めしても無駄なようだ(フォーカスリングには距離指標はなく、エンドレスで回転する)。

コンパクトデジカメでは再生モードにしたときにレンズが引っ込む仕様になっている物が多いが、マニュアルフォーカスできる一眼で、何故このような仕様になっているかは不明だ。富士のサポートは大変親切で、こちらの話を良く聞いて下さり、このレンズのフォーカス機構を丁寧に説明して下さったが、残念ながら現状はこのような仕様になっているとのこと。

マニュアルフォーカスで長時間露光をする使い方をするユーザーとしては、ファームウェアで改善して欲しいものである(もちろん、一ユーザーとして要望はしておいた)。

Ai Nikkorレンズなど、完全マニュアル・機械式のレンズをマウントアダプターで装着した場合には、このような動作はなく、安心して使える。ピントはテープ止めすれば勝手に動くことは無い。純正XFレンズの光学性能は優秀なので、ぜひ天体撮影にも安心して使えるようになってほしい。

さて、X-E2については、やはり改造機やEOS60Daに比べるとHαの写りは弱い。しかし、無改造機としてはそれなりに良く写っているのではないかと思う。

|

« 2014/6/19 土星 | トップページ | 2014/6/26 釧路 »

コメント

すごいいい写りですね。
電子的な接続は手が出せなくて辛いですね。

私も、モードでリングがフォーカスになったりズームになるレンズには手を焼いています。

投稿: つき | 2014年6月22日 (日) 20時02分

つきさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

フォーカスとズームが切り替わるレンズがあるんですか・・。
XF56も、光学系は優秀で、写りが良いだけに惜しいんですよね。
通常撮影なら何ら問題ないのですが、長時間露光は気を遣います。
ただし、電子制御ならソフトウェア的に(ファームウェアで)何とかなるのではないかと、期待はしています。

投稿: A(1) | 2014年6月22日 (日) 20時25分

はじめまして。
いつもひそかに拝見しております。

私も56/1.4のピント位置のズレ確認しました。

一般撮影には問題ないレベルですが
星の撮影には使いにくい仕様ですね。

手元のレンズを試してみると・・・
18-55と55-200のズームレンズはほぼずれないようですが、
単焦点はわずかにずれるようです。

撮影復帰にも時間がかかりますし
撮影画像を見に行ってもピント位置を固定しておく仕様にして欲しいですね。

投稿: KaZu | 2014年6月26日 (木) 23時38分

KaZuさん、こんにちは。
しばらく不在にしていて返信遅れました。すみません。

18-55は大丈夫でしたか。
私もこの2本のズームは所有しているのですが、天体にはあまり使わないので気が付きませんでした。
やはり天体には明るい単焦点をメインに使いたいですね。

一応サポートには要望としてお願いしておきました。
天体ユーザーの要望が多く集まり、ファームウェアなどで対応して頂ける可能性に期待しています。

投稿: A(1) | 2014年6月29日 (日) 10時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/59858680

この記事へのトラックバック一覧です: XF56mmによるデネブ~サドル付近の星野:

« 2014/6/19 土星 | トップページ | 2014/6/26 釧路 »