« 2014/2/2 木星と衛星イオの移動 | トップページ | X-E2とAi Nikkor 105mm F2.5Sによるオリオン座 »

2014年2月 4日 (火)

Ai Nikkor 105mm F2.5S

X-E2に付ける単焦点望遠レンズとしては、純正のXマウントには存在せず、私が所有するEFレンズは絞りが開放に固定され、絞り付きマウントアダプターはケラレの問題が有るし、レンズ前で口径を絞るのも失敗

というわけで、絞りリングのついた「Ai Nikkor 105mm F2.5S」を中古で入手した。このレンズは30年間基本設計が変わらず、解像度が高い銘レンズとのこと(詳しくはこちら)。

中学生の頃、AE-1をお年玉貯金で買って以来のCanon派の私の手元にやってきた、人生初のニッコールレンズ。

Xe2

古いMFレンズだが、クラシック感じのX-E2と良く合う。マウントアダプターは八仙堂のもの。安価だが、ヘリコイドを無限大側に突き当てた位置で、丁度無限遠が出ている(と思う)。

フードは組み込み式で普段使いには便利だが、星撮りでレンズヒーターを付けると動いてしまう。別途固定式のフードを手配中。

Sibori_2

絞りは、開放F2.5の次はF4の表記だが、その中間のF2.5寄りの位置にも止まる。おそらくそこがF2.8。

Xe2_eos60da

(奥)EOS60Da(APS-C x1.6) + EF 100mm F2.8L マクロ IS USM
(手前)X-E2(APS-C x1.5) + Ai Nikkor 105mm F2.5S

カメラもレンズも同じクラスなのに、大きさはずいぶん違う。中身としては、むしろX-E2側の組み合わせの方が、センサーサイズもレンズ口径も焦点距離も若干大きい。EF100Lは、手ぶれ補正+AFなので、大きくなるのだろう。

さて、星の実写での比較は、先日の神河町遠征時にオリオン座の中心部撮影で行った。

(共通データ)
カメラ:Fujifilm X-E2
レンズ:Ai Nikkor 105mm F2.5S
架台:スカイメモR
感度:ISO1600
ノイズ低減:長秒時なし、高感度標準
出力:JPEG STD(Provia)

(露出)
F2.5 72sec.
F2.8 90sec.
F4.0 180sec.

まずは、全体を縮小したもの(周辺減光比較)。画像はクリックで拡大。

All

F2.5は周辺減光がかなり大きい。F2.8はフラット補正でOKなレベル。F4.0は減光が目立たない(強調処理するにはフラット必須)。

次に中央と周辺部のピクセル等倍切りだし(画像はクリックで本来のサイズに拡大)。

F2.5
F2_5

開放ではパープルフリンジが大きいが、周辺部の非点収差は割と少なめ。

F2.8
F2_8

F2.8では、フリンジがかなり改善される。周辺の収差は開放とあまり変わらず。
それから、輝星の周りに目立つ光条が出る。

F4.0
F4_0

F4.0では周辺星像がかなり改善される。パープルフリンジは出ないが、オレンジの色収差は若干残る。星像はEF100Lの開放に比べても大粒なイメージ。輝星の光条も目立つ。

というわけで、F2.5開放はやはりちょっと苦しいが、それでも散開星団などは輝星が適度に大きくなって良いかも。F2.8でもそこそこ使えそうで、F4.0迄絞ると、キッチリした星野が撮影できそう。

ただし、星像はやはり最新のレンズに比べるとやや大きめの粒になる。微光星を見る限り無限遠は出ているように思えるが、もしかしたら若干のズレがあるのかもしれない。これはニコンボディーを持ってないので確認出来ない。

なお、もちろん一般撮影にも普通に使える。EVFの良いところは、絞り込み状態でも明るさ調整されて見やすいこと。

Other2dscf1060

最短撮影距離が1mmなので、マクロレンズとしては使えないのが残念。

Other1dscf1060

それに絞り値が記録されないのは不便。

やはり純正Xマウントの大口径望遠(単焦点)を希望したい。

|

« 2014/2/2 木星と衛星イオの移動 | トップページ | X-E2とAi Nikkor 105mm F2.5Sによるオリオン座 »

コメント

このレンズは接写リング(PK-12等)をかませば0.5倍ぐらいまでは十分高性能なマクロになりますよ。

投稿: serebi | 2017年3月 8日 (水) 20時45分

serebiさん
情報ありがとうございます。
最近は天体写真を休業中で、このブログも放置気味なのですが、接写リングの方は一度試してみたいと思います。
どうもありがとうございました。

投稿: A(1) | 2017年3月 8日 (水) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/59072879

この記事へのトラックバック一覧です: Ai Nikkor 105mm F2.5S:

« 2014/2/2 木星と衛星イオの移動 | トップページ | X-E2とAi Nikkor 105mm F2.5Sによるオリオン座 »