« 2014/1/1 兵庫県多可町 | トップページ | 2014/1//5 太陽 »

2014年1月 3日 (金)

X-E2とEF200mmによる馬頭星雲~M78付近の星野撮影

一昨日の夜(2014/1/1夜)に兵庫県多可町で撮影した、オリオン座の馬頭星雲~M78付近の星野画像の処理を行った。

この画像は、FUJIFILM X-E2とCanon EFレンズの組み合わせによる撮影の試行として行ったものである。

2013/1/1 23:23 - 1:15
兵庫県多可町
気温:-3℃、光害レベル:SQM-L測定値=20.8
FUJIFILM X-E2
Canon EF200mm F2.8L II USM
EOS-Xマウントアダプタ使用、F2.8開放
ISO1600, 85sec x 41コマ
ポラリエによるノータッチ恒星時追尾

RStackerによるダーク減算・フラット補正
Lightroom 5.3による現像
ステライメージ7で加算平均(σクリッピング:σ=2.0)
ステライメージ、Photoshop CCで調整

(クリックで画像拡大)

20140101horsem78l_2

さて、一見まともに撮れているようだが、色々問題が有った。

まず見て分かるように、星像が肥大している。これでもステライメージのスターシャープフィルターのお世話になって多少改善したのだが、それでもまだボテッとした星像になっている。

原因のひとつはガイドズレである。今回のセッティングは下の画像のように、X-E2にEF200mmを付けて、小さな自由雲台でポラリエに載せたのだが、見るからに軸周りのバランスが悪そうだ。

20130103p1000886

そのためか、わずか85秒の露出で撮影したのだが、80コマのうち半分程度はズレが大きく没になった。残りの41コマを合成したが、それらも若干の星像伸びが残っているものである。完全な点像の画像だけを厳選するとコンポジット枚数が不足するため、ある程度の星像伸びは許容した。

ポラリエに200mm望遠を載せるなら、もう少しバランスを考えるか、やはりスカイメモを使った方が良さそうだ。

それから、使用した「EOSレンズ-富士Xカメラのマウント変換アダプタ」が絞りのないタイプで、F2.8開放で使わざるを得ないこと。EF200mm F2.8L II USMは優秀なレンズではあるが、開放ではピント合わせがシビアで、小さなX-E2の固定式背面液晶で厳密なピント合わせは難しい。ちょっとでもズレると、星像肥大や赤ハロ・青ハロが発生する。今回も若干ピントがずれていた。X-E2のローパスレスの解像度を活かしてカッチリ撮ってみたいので、やはりF4.0に絞りたいところ。

しかし、これらはX-E2自体の問題ではない。X-E2はノーマル機だが、高感度でもノイズが少ないため、ちゃんとフラットを適用して画像処理すれば、馬頭星雲やバーナードループもそれなりに出てくる。ただ、色ノイズが少ない分、なんとなく星の色の出はEOSより悪いように思える(色収差による色ではなく、星本来の色)。ステライメージでのデジタル現像時に、色彩強調マスクを使っても良いかもしれない。

なお今回は、光害カットフィルター類は使わなかったが、高感度耐性を活かし、露出倍数の大きいフィルターを用いても良さそうだ。ただし、EOS-FFのようなマウント内フィルターが使えないので、カメラレンズとセンサーの間にどうやってフィルターを入れるかが問題になる。

これまでEOSの一眼レフばかり使ってきた私にとって、ミラーレスX-E2はなかなか面白いカメラなので、しばらく色々試してみたい。

|

« 2014/1/1 兵庫県多可町 | トップページ | 2014/1//5 太陽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/58876084

この記事へのトラックバック一覧です: X-E2とEF200mmによる馬頭星雲~M78付近の星野撮影:

« 2014/1/1 兵庫県多可町 | トップページ | 2014/1//5 太陽 »