« 20141/11 ラブジョイ彗星 (C/2013 R1) | トップページ | X-E2とEOS 60Daの実写による比較 »

2014年1月12日 (日)

2014/1/4 - 11の惑星

1月4日から撮りためていた木星、火星の動画をRegistaxで処理した。

木星は1月6日に衝となって、今が観測最適期となっている。しかし平日は撮影するだけで精一杯で、画像処理する所まで出来ず、動画がたまっていた。

----------------------------------------------

4日は薄雲もあって透明度、シーイング共に悪く、ぼやけた画像となった。

Jp20140104212844n3126b

-----------------------------------------------

5日はシーイングが(この季節にしては)比較的良く、大赤斑も見えており、撮影した甲斐があった。

Jp20140105211753n3476b

------------------------------------------------

衝となった6日は、大赤斑は見えず、その裏側あたりが見えていた。

Jp20140106213246n2128b

------------------------------------------------

10日は大赤斑が裏側へ隠れようとしているところ。
木星面の黒い点は、衛星イオの影。

Jp20140110211101n3236b

我が家のベランダからは、現在20時~21時過ぎが見頃で、それを過ぎると高度が上がりすぎて見えなくなる。そのため、これから特に平日の帰宅後に観測するのは難しくなってくる。

-------------------------------------------------

火星はまだ明け方でないと撮影できないため、慌ただしい平日の朝は難しい。今の明け方は、どちらかというとラブジョイ彗星の撮影を優先させたい。

休日である11日の朝に撮影してみたが、まだ視直径も小さく、私の小口径の鏡筒では、模様もまだ良く分からない。

Mars20140111042322n2512b

火星が衝になるのは4月9日。それまでぼちぼち撮影して、視直径が大きくなっていく様子を記録していきたい。

|

« 20141/11 ラブジョイ彗星 (C/2013 R1) | トップページ | X-E2とEOS 60Daの実写による比較 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/58924837

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/1/4 - 11の惑星:

« 20141/11 ラブジョイ彗星 (C/2013 R1) | トップページ | X-E2とEOS 60Daの実写による比較 »