« 2011/8/6 砥峰高原 | トップページ | 2011/8/10の木星 »

2011年8月 8日 (月)

iAGがASCOM6に対応

最近、ASCOM Platformがバージョン6となり、オートガイドソフトのiAGについても、それへの対応がなされた。対応版は今のところ試作品という扱いの「iAG ver 0.8.3 RC1」となっている。

私はUSB-IOリレーボックスによるガイドを行っているので、普段はASCOMは使わないのだが、リレーボックス故障などの緊急時にASCOMを用いる可能性がある。そのためUSB-シリアルケーブルは車に常備しており、パソコンのソフトウェア環境についても、いつでもASCOMによるガイドが出来るようになっている。

そこで今回、ASCOM Platformを6にバージョンアップし、それに対応したiAGの動作テストを行った。環境は下記の通り。

・iAG 0.8.3 RC1 

・赤道儀:ケンコー スカイエクスプローラー2(SE2)
・ガイド鏡:ケンコー SE102(D=102mm,f=500mm)
・ガイドカメラ:NexImage
・ASCOM望遠鏡ドライバ:EQASCOM V1.23
・ASCOMプラットフォーム:6
・PC:Windows7 64bit
・USB-シリアル変換ケーブル:Arvel SRC06USB

なお、今回のバージョンアップのついでに、望遠鏡のドライバーであるEQASCOMもV1.23に更新しておいた。
また、NexImageのWindows7 64bitドライバは無いので、Philips SPC900NCのドライバを流用している。
それから、カメラのシャッターコントロール用にUSB-IOリレーボックスも接続している。

20110807iagpulseテスト結果だが、パルスガイド、速度変化ガイドの両方共、問題なく動作した。

iAG開発日記には

もしASCOMまわりで動作不具合が出るようであれば
plugin\TelescopeControl以下にある
iAG_COPY_ASCOM_DLLS.bat
を(Vista/7なら管理者権限で)実行してみてください。

との記述があるが、これも実施しなくてOKだった。

SE2赤道儀のASCOMオートガイドについては、USB-シリアルケーブルをハンドコントローラに接続するだけなので、機材的にはリレーボックスを使う方式よりシンプルだと思う。カメラのシャッター制御をタイマーコントローラーやEOS Utilityで行うなら、こちらの方式でも良いかもしれない。

|

« 2011/8/6 砥峰高原 | トップページ | 2011/8/10の木星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iAGがASCOM6に対応:

« 2011/8/6 砥峰高原 | トップページ | 2011/8/10の木星 »