« iAGがASCOM6に対応 | トップページ | 金環日食の機材検討 »

2011年8月10日 (水)

2011/8/10の木星

今日の未明、今シーズン初めて自宅から木星を撮影することが出来た。

最近は毎日晴れて暑いが、薄雲が常にかかっているような状態で、すっきりした青空にならない。夜も同様に透明度が悪く、月や木星もなんとなくボンヤリしている。

しかし昨夜のシーイングはかなり良く、眼視で確認しても、木星像に大きな揺らぎが見られなかった。

Jp20110810024905n2007b2011/8/10 02:49:05(JST)
シーイング 9/10
William Optics FLT98CF
5X Powermate
NexImage
1/20, 20fps, 150sec.
2007フレームをスタック
RegiStax5.1/ ステライメージ6 / Photoshop CS5

動画を見ても、シーイングが良いため各フレームの品質のバラツキが小さかった。しかしその割にはあまりすっきりしない画像となっている(やはり透明度が悪いためか)。

木星が高く昇ってくる時間は、まだしばらくは明け方近いので、休前日でないと撮影・観測できないが、今シーズンもぼちぼちと見ていきたいと思う。

なお、RegiStaxはバージョン6がリリースされており、並列処理対応など色々と良い点があるのだが、私の環境ではなぜかStackの所でのStackgraphによるフレーム制限(縦軸のDifference cutoff)が動作しなかったので、まだ.5.1の方を用いている。

|

« iAGがASCOM6に対応 | トップページ | 金環日食の機材検討 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/52439712

この記事へのトラックバック一覧です: 2011/8/10の木星:

« iAGがASCOM6に対応 | トップページ | 金環日食の機材検討 »