« 2011/3/7~3/26の土星 | トップページ | NGC4631 & NGC4656 »

2011年4月 2日 (土)

SE120による土星の拡大撮影

最近の遠征ではずっとFLT98CFによる直焦点撮影をしているので、眼視観望用のケンコーSE120はあまり使っていない。家での惑星撮影にもFLT98CFを使っているが、たまにはSE120も使ってやろうということで、昨夜久しぶりに赤道儀に載せてみた。

12cm・F5(f=600mm)のアクロマートという仕様はどう見ても惑星向きではないのだが、眼視ではそこそこ使える。もちろん色収差は目立つが、星雲星団観望のついでに土星の輪や月のクレーターを気軽に見る程度なら問題ない。

では撮影ではどうだろうか。
いつも惑星撮影に使っているPowermate5xとNexImageを付けて土星を撮影してみた。

しかし、まずピント合わせに苦労した。接眼部が弱いので、ピントノブをちょっと回すだけで土星が画面から逃げてしまう。それに色収差のためにピント位置がよく分からない。とりあえずARPLAの緑チャネルで合わせてみたが、今ひとつ像がぼやけた感じだ(シーイングは5/10程度)。

撮影して処理した結果がこちら。

St201104012307342221b 2011/4/1 23:07:34 (JST)
シーイング 5/10
2221フレームをスタック
SE120
5X Powermate
NexImage
1/20, 20fps, 180sec.
RegiStax5.1/ ステライメージ6 / Photoshop Elements8


土星本体と輪の色が違っており、画像処理でも色の偏りを補正出来なかった。やはりSE120での高倍率撮影はちょっと無理があるように思える(絞れば多少改善されるかもしれない)。

St201104012238181914b 一方、同じ日に撮影したFLT98CFの画像はこちら。

2011/4/1 22:38:18 (JST)
シーイング 5/10
1914フレームをスタック
FLT98CF
5X Powermate
NexImage
1/20, 20fps, 180sec.
RegiStax5.1/ ステライメージ6 / Photoshop Elements8


ついでに、3/30の土星

St201103302308481115b
2011/3/30 23:08:48 (JST)
シーイング 5/10
1115フレームをスタック
FLT98CF
5X Powermate
NexImage
1/20, 20fps, 180sec.
RegiStax5.1/ ステライメージ6 / Photoshop Elements8


白斑の中の模様が目玉のように写っているが、実際はどうなのだろうか(画像処理で出てきたものかもしれない)。もう少し解像度と集光力が欲しいところだ。

最近は平日に良く晴れて、遠征に行く予定の週末は曇りがちでなかなか出かけられない。家での惑星撮影の機会の方が多いのなら、惑星向きの鏡筒に投資しても良いような気がしてきた。ただベランダが狭いのでニュートンが無理なのが残念。

|

« 2011/3/7~3/26の土星 | トップページ | NGC4631 & NGC4656 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/51278154

この記事へのトラックバック一覧です: SE120による土星の拡大撮影:

« 2011/3/7~3/26の土星 | トップページ | NGC4631 & NGC4656 »