« 木星の南赤道縞に復活の兆し | トップページ | EOS Utility 何とか復活 »

2010年12月 5日 (日)

2010/12/4 砥峰高原

この日は昼から快晴ということで、りんしゃんさんと共に、早めのスケジュールで砥峰高原に到着した(20時過ぎ着)。
空は一応快晴だが、なんとなくかすんだ感じ。秋の天の川もボヤッと見える程度。SQM-L測定値でも21を切る値(天頂で20.9)と、砥峰にしては悪い値が出た。

今回、2台あるKissX2のうちの1台を天文改造依頼していたのが帰ってきたところなので、それの試写を兼ねて、スカイメモと直焦点でぼちぼちと撮影を始めた。

なお、今回の画像は全てJPEG出力1枚のみを、25%に縮小、カラーバランス、トーンカーブのみ調整し、ノイズ低減したもの。ちゃんとした処理はまた後日に予定(気力と体力を使い果たしたため)。

20101204hx カシオペア~ペルセウス付近の星野
KissX2改 タムロンA16 50mm F3.5 
ISO800 8分

改造機では、散光星雲がちゃんと写ってくれているようだ。


20101204rose バラ星雲
KissX2改 FLT98CF + クローズアップレンズAC2
ISO800 10分

周辺部のピントが甘くなってしまった(これはトリミングするしかない)。


このように撮影をしていたところ、思いがけないトラブルが発生した。

オートガイドとリモート撮影に用いていたノートPCのバッテリーが残り僅かとなり、強制的に休止状態になってしまった。もちろん撮影中だったバラ星雲も、ガイド停止で写野から外れた。
すぐに12Vの電源から「クルマdeチャージャー」を接続して電力を供給し、パソコンを再立ち上げしたが、今度は「EOS Utility」が起動しなくなってしまった。パソコン再起動などを何回かしてみたが、どうしてもエラーで強制終了してしまう。これではリモートライブビューでのピント合わせや、画像自動取り込みが使えない。

仕方がないので、iAGによるオートガイド機能のみ復旧させ、ピント合わせと画像確認は背面液晶に頼ることになった。

バラ星雲の次に、試写の対象として馬頭星雲を撮影した。

20101204hose 馬頭星雲
KissX2改 FLT98CF + クローズアップレンズAC2
ISO800 10分


JPEG1枚ではさすがにノイズが目立つ。
それに、なんとなくボヤッと霞んだ感じになっている。この時はオリオン座の高度も低くなっていたので、低空のモヤモヤした所に入り込んでいたのだろう。
それから、やはり輝星周りにゴーストが発生する。ダストクリーニングを残した改造なので、これは仕方ないようだ。

201012042 スカイメモで撮影した冬の大三角
KissX2(無改造) タムロンA16 17mm F3.5
プロソフトンA
ISO800 3分


オリオン座が南の低空のモヤモヤ部分に入っている。こういう所は撮るべきではないのだろう。
本来、もっと早い時間に撮る予定だったが、パソコンのトラブルでかなりの時間をロスしたのが響いてしまった。

このように、朝まで快晴だった割にはなかなか思うように撮影出来なかったが、現地でご一緒させて頂いた砥峰常連の方々と、撮影の合間に色々な話を出来たのが有意義だった。特にフラット処理のテクニックなど、なかなか手間がかかって難しそうだが、画像処理で今後の目標に出来そうな話を教えて頂いた。
(ただ、今のところはピント合わせやガイドなど、撮影段階の部分がまだ不安定なので、そちらの解決が先に必要)。

明け方にはSQM-L測定値も21.3程度まで改善し、東の空には黄道光も見えた。

201012041 撮影風景

|

« 木星の南赤道縞に復活の兆し | トップページ | EOS Utility 何とか復活 »

コメント

昨晩はお疲れ様でした。
フラットや黄道光の話をしまくってしまった者です。
足の方は無事で帰られたようでなによりです。
おかげさまであそこでは初めて寂しくも怖くもない楽しい夜を過ごさせて貰いました。
それにしてもみんな機材トラブルに見舞われた夜でしたね。
私も買ったばかりのX3電源用カプラーが断線してしまったようでカメラレンズでの撮影はまったく出来ず、収穫はいつもの半分でしたが、それでも久々に撮影出来た上におしゃべりまで楽しめて時間を感じない夜でしたし、おまけにコーヒーの差し入れまでありがとうございました。
またの機会にもよろしくお願いしたく、ご一緒だった方にも是非よろしくお伝え下さい。

投稿: Takuro | 2010年12月 5日 (日) 19時09分

Takuro さん、こんばんは。
昨夜は色々と画像処理のお話をお聞かせ下さいまして、どうもありがとうございました。
やはり面倒がらずにフラット画像を用意しないといけませんね。
今のところ、RAPもPhotoshopも無いので、ステライメージで何とかやっていきます。
またお会いするかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。

投稿: A(1) | 2010年12月 5日 (日) 20時59分

A(1)さん、こんばんは。
当日は色々とお貸しいただき、ありがとうございました。
遠征の用意は十分にしないといけないと思い知りました。
今回はレンズが結露してしまったので成果を上げることが出来ませんでした。
次回はヒーターと電源を増強しようと思っています。
A(1)さんの改造X2は順調のようで、1枚目のハート星雲と魂星雲は淡いけどきれいに写っていますね。
ゴーストについては割り切るしかないのでしょうか?
どの程度の星で目に付き始めるのか気になるところです。
私も自分のX2改で馬頭辺りを試してみようと思っています。

投稿: しゃあまん | 2010年12月 9日 (木) 20時11分

しゃあまんさん、こんばんは。
当日はお疲れ様でした。
道具については、お役に立てて何よりです。
しかし、機材関係のトラブルがみんなに起こって、晴れた割には大変な一晩でしたね。

星野写真については、また元気が復活したらコンポジットしてみたいと思います。
ダストクリーニング可の改造機のゴーストは、そういうものとして割り切るしかないと思いまず。

投稿: | 2010年12月 9日 (木) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/50217025

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/12/4 砥峰高原:

« 木星の南赤道縞に復活の兆し | トップページ | EOS Utility 何とか復活 »