« 月齢14.2 | トップページ | 2010/12/4 砥峰高原 »

2010年11月21日 (日)

木星の南赤道縞に復活の兆し

今年は木星の南赤道縞(SEB)が消失しているが、こちらのニュースによると、復活の兆し(白斑と暗柱)が見え始めたそうだ。

現在、我が家のベランダからは、日没後のわずかな時間しか見えなくなっているので、仕事がある平日に見る事は無理で、休日の夕方から待機しておくしかない。昨日は運良く晴れていたので、早速撮影してみることにした。

白斑と暗柱が正面に来るのが17時前なので早くしないと隠れてしまう。薄明終了前ではあるが、空が概ね暗くなった18時前ぐらいから撮影開始した。

シーイングは比較的良好だが透明度が悪く、細かなところが見えにくかった。

機材:FLT98 + 5倍パワーメイト + NexImage
1/20sec, 20fpsで150sec撮影
ケンコーSE2赤道儀
RegiStax、ステライメージ、PSE8

J201011201757321609_2 2010/11/20 17:57:32
1609フレームスタック
シーイング 6/10

SEBが消えた空白部分の左上に、暗柱が流れて帯状になってきている様子が分かる。白斑ははっきりしないが、言われてみればあるような気がする。


J201011201824221445 2010/11/20 18:24:22
1445フレームスタック
シーイング 6/10

約30分後には隠れ始めてしまった。


これからの変化が面白そうではあるが、もう我が家からはほとんど見る事が出来ないだろう。来年初夏に再び見られるようになったとき、はたしてSEBは復活しているのだろうか。

|

« 月齢14.2 | トップページ | 2010/12/4 砥峰高原 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/50091780

この記事へのトラックバック一覧です: 木星の南赤道縞に復活の兆し:

« 月齢14.2 | トップページ | 2010/12/4 砥峰高原 »