« 2010/11/6未明のハートレイ彗星 | トップページ | ハートレイ彗星(103P)まとめ »

2010年11月 7日 (日)

2010/11/6 砥峰高原&ハートレイ彗星(103P)

昨夜、天気予報では下り坂とのことだったが、とりあえず砥峰高原へ。
メンバーはりんしゃんさんA(2)さんと私。

現地到着時は一応快晴ではあったが、空は白っぽく透明度もあまり良くない状態。SQM-L測定値は約21.1程度。
機材組み立て後、西に傾きつつある網状星雲(NGC6960)の撮影を始めたが、写りは今ひとつ。

20101106_ngc69601 Kiss X2 / FLT98CF /AC2クローズアップレンズ
ISO800, 480sec.
jpeg出力1コマを縮小、レベル・トーンカーブ調整のみ。


高度も低くなってきたのであきらめて、次にM33を撮影し始めたが、雲が湧いてきて中断。またたく間に全天雲で覆われてしまった。

下り坂予報だったので、このまま撤収しようかと思っていたところ、0時頃再び晴れてきた(晴れるのがもう少し遅かったら撤収しているところだった)。そこでM33の撮影を再開。

20101106_m331 Kiss X2 / FLT98CF /AC2クローズアップレンズ
ISO800, 600sec.
jpeg出力1コマを縮小、レベル・トーンカーブ調整のみ。


網状とM33は、また後日にダーク減算、フラット補正、コンポジット等のちゃんとした処理ををしようと思う。

さて、2時過ぎからは高度が上がってきたハートレイ彗星の撮影を行った。彗星は4cm8倍の双眼鏡で確認できたが、10月中旬に比べてかなり暗くなっている印象を受けた。

いつも使っているガイドソフトのiAGには、最近になって簡易メトカーフ法ガイド機能(試行版)が追加されたが、パラメータの準備が出来ていなかったので、普通に恒星でガイド。ISO1600で120秒の短時間露出を連続して行った。

20101107_103p800
2010/11/7 2:47~2:55
SQM-L測定値 21.1, 気温-1℃
William Optics FLT 98 Triplet APO (D=98mm f=618mm)
ケンコークローズアップレンズAC2による簡易レデューサー
Canon EOS Kiss X2 / ISO1600
120sec. x5 彗星核基準でコンポジット
ケンコーSE2赤道儀
miniBORG60EDガイド鏡/iAG & USB-IOリレーボックス
ステライメージ6,Photoshop Elements8による処理
2x2 ソフトビニング後、800x600にトリミング

この画像を撮影した後、また雲が出てきたため、今度は撤収した。

|

« 2010/11/6未明のハートレイ彗星 | トップページ | ハートレイ彗星(103P)まとめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/49960992

この記事へのトラックバック一覧です: 2010/11/6 砥峰高原&ハートレイ彗星(103P):

« 2010/11/6未明のハートレイ彗星 | トップページ | ハートレイ彗星(103P)まとめ »