« 2009/10/24 砥峰高原 | トップページ | みずがめ座の「らせん状星雲」(NGC7293) »

2009年10月31日 (土)

【機材】スカイクオリティーメーター(SQM-L)

20091031_sqml1 ・2009年10月購入

スカイクオリティーメーター(SQM)」は夜空の明るさを測定する計測器である。これによって光害の程度を数値としてあらわす事が出来る。測定する範囲が80度の「SQM」と、20度の「SQM-L」があるが、自宅ベランダや視界の狭い観望場所でも使えるよう、SQM-Lの方を購入した。

購入の動機としては、先日開催された「デジカメ星空診断」に参加したことで、光害測定への興味が高まってきたきたことだ。最近は光害がますますひどくなってきており、更に黄砂が飛来する日も増え、星を見る環境は年々悪化している。これまでもそのような傾向はなんとなく分かっていたが、やはり定量的に評価しておきたいと思っていた。

しかしデジカメによる計測は撮影の手間がかかり、今のところ自分で数値化する方法も分からない。そこで手軽に計測できる手段として、SQMを購入することにした。


20091031_sqml2 使い方は簡単で、測定したい方向を向けてボタンを押すだけである。明るいところなら一瞬で数値が表示される。暗いところなら数秒待たなければならないようだ。表示される数値の単位はパネル上に「mags/arcsec^2」と書かれている。これは「1秒角×1秒角の面積あたり、何等級の明るさか」という意味らしい。日本語では「等級/平方秒角」となるのだろうか。つまりこれは星の明るさと同様に対数的なスケールとなっているということだ。数値の目安としては、17が満月+街灯のある状態、23がほとんど光害のない真っ暗な空とのことだ。

この単位は光害を評価するための単位として一般的なようで、「デジカメ星空診断」でも用いられている。そのため、自分でSQMを用いて測定した結果と、星空診断のような光害調査などで公開される値を比較することが出来る。なお、計測器としての精度は0.1[mags/arcsec^2」とのこと。


さて、ファーストライト(?)は先日の砥峰高原遠征時であった。残念ながら曇が多く、天頂に晴れ間が広がったときになんとか測定してみたが、周囲の雲(白くて明るい)の影響を受けているかもしれない。また、各方角については雲のために測定できなかった。測定は3回おこなって平均値をとった。

場所 日付 時間 方向・高度 SQM測定値 備考
砥峰高原

2009/10/25

0:06 天頂 21.08 参考値(薄雲有り)

2:40 天頂 21.00 参考値(薄雲有り)

3:45 天頂 20.96 参考値(薄雲有り)

薄雲有りとはいえ、21という値が出るのはさすがに砥峰である。本格的に晴れたら更に暗い測定値が出るのだろうか。

次に自宅のベランダ(兵庫県加古川市)から測定してみた。向きは南東45°である。説明書によると高度は40°以上確保する必要があり、それより下を向けると地上の光の影響を受けるそうた。また上を向けすぎてもマンションの上階からの光を受けるためか数値が悪くなるので、結局45°で測ることにした。

場所 日付 時間 方向・高度 SQM測定値 備考

自宅ベランダ

2009/10/27

0:32

南東・45°

18.03

3等星がはっきり見える

2009/10/28

0:53

17.65

3等星は見づらい

27日は割と空の状態が良くて3等星まで楽に見え、測定値は18.03であった。これでも薄雲の砥峰高原より3等級も悪い。翌日28日はやや霞んでいて3等星はかなり見づらい状態で、測定値は17.65となった。この両日の差は見た目ではかなり大きかったが、測定値では0.4程度しか変わらないのが意外であった。

今後、観望や撮影時には出来るだけ測定値を記録していきたい。また、デジカメ星空診断の結果が出たら比較もしてみたいと思う。

|

« 2009/10/24 砥峰高原 | トップページ | みずがめ座の「らせん状星雲」(NGC7293) »

コメント

おはようございます。

今週末もこちらは相変わらず厚い雲に覆われています。土曜日の昼は快晴でした・・・。

光害には散々やられています。
うちのベランダからは「ウサギ座」が見えませんから、そちらよりも条件は悪そうですね・・・。無駄に明るいですからねぇ。

投稿: tettou | 2009年11月 1日 (日) 07時01分

tettou さんこんにちは。
こちらも「うさぎ座(3~4等)」の星が見えるのは、かなり条件の良いときだけです。
秋冬はおおむね2等星までは見えて、オリオン座の形は分かりますが、春は1等星しか見えないときがあります。それに年々ひどくなる黄砂も気になります。まさか秋にやってくるとは思いませんでした。

投稿: A(1) | 2009年11月 1日 (日) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/46635169

この記事へのトラックバック一覧です: 【機材】スカイクオリティーメーター(SQM-L):

« 2009/10/24 砥峰高原 | トップページ | みずがめ座の「らせん状星雲」(NGC7293) »