« 水星・金星・土星 | トップページ | ED100Sfによる木星 »

2009年10月10日 (土)

オートガイドソフト「iAG」で、キャリブレーション無しのガイド

オートガイドソフトウェア「iAG(intelligent Auto Guider)」を手っ取り早く使う方法として、説明書には「クイックスタート」が書かれている。これでとりあえずキャリブレーションとガイドを行えるが、キャリブレーション無しでのガイドも行うことが出来る。

メイン画面の「Mode」を「Constant」にすると、ガイド星のズレを検出したときの補正信号の送出時間が固定値となる。補正量が固定なのでキャリブレーションも不要だ。この補正量は「Control」タブの「Shift」で設定する(デフォルトは50ms)。

ただし、キャリブレーション無しなので、ガイドカメラの取り付け状態(傾きなど)が検出できない。したがって、ガイドカメラは画面における水平方向が赤経、垂直方向が赤緯になるようにちゃんと合わせ、それぞれの反転の有無も手動で設定する必要がある。また、システムの状況に応じて固定補正量を調整する必要もある。一般的には過剰補正を防ぐために、補正値を小さめ、サイクルを短めにして「細かく刻む」のが良いようだ。

これは、Constantモードでガイドしている画面。

Cap266

このように、キャリブレーション無しでいきなりガイドすることも出来るが、そのために事前に設定すべきパラメータが増えるので、結局はキャリブレーションをした方が間違いがないし楽だと思う。私としては特に理由がない限りキャリブレーションを行って「Variable」モードでガイドしている。

|

« 水星・金星・土星 | トップページ | ED100Sfによる木星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/46445665

この記事へのトラックバック一覧です: オートガイドソフト「iAG」で、キャリブレーション無しのガイド:

« 水星・金星・土星 | トップページ | ED100Sfによる木星 »