« オートガイドソフト「iAG」で、キャリブレーション無しのガイド | トップページ | 夏の大三角 »

2009年10月12日 (月)

ED100Sfによる木星

昨夜は久しぶりにED100Sf鏡筒を引っ張り出してきて木星の撮影を行った。

今春にWilliam OpticsのFLT98鏡筒を購入して以来、木星はずっとFLT98で撮影してきたが、もうそろそろベランダからは見えなくなってくるので、一度ED100Sfでも撮影しておこうと思った。シーイングは中程度。木星の縁は揺れているが、大赤斑等の模様はPC上でもはっきり見える。

FLT98が焦点距離618mmであるのに対し、ED100Sfは900mm。口径はほぼ同じ10cmだが焦点距離が1.5倍ぐらい長い。したがって5倍パワーメイトで同じように拡大すると、木星像が大きくなって、その分暗くなる。

20091011_2147_13362 2009/10/11 21:47
ED100Sf、5倍パワーメイト
NexImage 1/15sec x 1336フレーム

これは、口径10cmとしては拡大し過ぎのような気がする。画像処理をしてもボンヤリした感じだ。


20091011_2147_13363 これは、FLT98で撮影した時と同じ程度の大きさまで縮小したもの。


Flt98_jupiter_1774 これは、先月FLT98で撮影した木星。


比較をするなら同じ日の近い時刻に連続して撮影する必要があるが、昨夜は鏡筒を入れ替えて撮影するほどの元気はなかった。いずれにせよED100Sfの場合、もう少し倍率の低いバローレンズにしたほうが良さそうだ。

|

« オートガイドソフト「iAG」で、キャリブレーション無しのガイド | トップページ | 夏の大三角 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/46465057

この記事へのトラックバック一覧です: ED100Sfによる木星:

« オートガイドソフト「iAG」で、キャリブレーション無しのガイド | トップページ | 夏の大三角 »