« 3/1のルーリン彗星 | トップページ | 【機材】ケンコー PRO1D プロソフトンA(W) »

2009年3月 4日 (水)

【機材】タムロン SP AF17-50mm F2.8 XR Di II (Model A16)

20090221_a16_kissx2 ・2009年2月購入

これまでEOS Kiss X2での広角撮影用レンズとしては、キットレンズ(EF-S 18-55mm F3.5-5.6 IS)シグマの20mmF1.8 DG RFを用いてきた。しかし、シグマの20mmは絞っても周辺星像がかなり悪く、ほぼ流星専用となっている。キットレンズは意外と使える事が分かったが、ピントリングがスカスカで使いにくいことと、広角端以外では開放F値が暗くなってしまう事が問題であった。そこで新たに星景・星野・星座撮影用として、F2.8通しのズームレンズであるA16を購入した。このレンズはAPS-Cサイズ専用であり、また手ぶれ補正機構は無い(が、星を撮る目的には必要ない)。

まず、レンズ自体の出来としては、全体的にキットレンズよりもしっかりした感じがする。ピントリングがキットレンズよりも幅広で、MFでのピント合わせが行いやすいのも良い。ただし動きは軽めなのでやはりテープで固定した方が良いと思われる。ズームリングは重めでロック機構も付いているので、不用意に動くことはあまりないと思う。なお、ズームリングとピントリングは純正EFレンズと回転方向が逆になっており、ちょっと戸惑う。しかし速写をするわけではないので問題はないと思う。

試写については、先日(2月21日)、兵庫県多可町へ遠征した際に行うことが出来た。
対象は、この観測地において光害が少なめである北の空、北極星から北斗七星周辺の領域である。

20090221_a16test17mm まずこれは、広角端17mmのピクセル等倍画像である。ISO800で、絞りに応じて60秒~120秒露出のガイド撮影を行った。長秒時ノイズ低減やダーク減算を行っていないためにノイズが多めである。JPEG出力から切り出し、見やすくするためにガンマ調整のみ行った。

左列が画像中心部、右列が右上隅で、上の段から、F2.8、F3.5、F4.0となっている。中心部では開放から問題なく、右上隅もF3.5まで絞ればほぼ問題なく使える星像である。F4でもF3.5とあまり変わらないので、F3.5で使うのが良さそうだ。

20090221_a16test50mm これは望遠端50mmのピクセル等倍画像である。17mmよりも周辺画像がやや悪いが、ピクセル等倍でこれなら、F3.5まで絞れば実用上十分である。

また、以下は全体画像の縮小サンプルへのリンクである(F3.5のみ)。
オリジナルのJPEG出力をステライメージで2x2ソフトビニングして、50%に縮小し、ガンマ調整でやや明るくした。

17mm F3.5 / JPEG (2136x1424) 567KB

50mm F3.5 / JPEG (2136x1424) 566KB

このように、F3.5まで絞れば、WEBでの鑑賞や小サイズプリントにはほぼ問題が無く、F2.8開放においてもそれほど周辺星像の崩れが無いので、厳しいことを言わなければ開放でも天体写真(星景・星野写真)に使えるレンズだと思う。

|

« 3/1のルーリン彗星 | トップページ | 【機材】ケンコー PRO1D プロソフトンA(W) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/44244080

この記事へのトラックバック一覧です: 【機材】タムロン SP AF17-50mm F2.8 XR Di II (Model A16):

« 3/1のルーリン彗星 | トップページ | 【機材】ケンコー PRO1D プロソフトンA(W) »