« おおぐま座M97、M108とその周辺 | トップページ | M78と馬頭星雲、およびLPS-P2によるゴースト »

2009年2月 7日 (土)

2009/2/7 ルーリン彗星と水星

今朝は彗星と水星を見ることが出来た。

まず彗星の方だが、今朝4時過ぎに起き、ベランダに出て4cmの双眼鏡(アルティマ8X42)でルーリン彗星(C/2007 N3)を探した。今日はてんびん座α星の側にいるはずなのですぐ見つかるかと思ったが、全く見えない。そこで久しぶりに7cm双眼鏡(フジノン10X70FMT)を持ち出してきて、それで探してみたらあっさり見つかった。やはり口径の違いは大きい。しかし、この7cm双眼鏡はかなり重く、手持ちで観望を続けるのは結構しんどい。

20090207_lulin640 また観望の間、昨夜の内にセッティングしておいたSE2赤道儀にKissX2と200mmレンズを載せ、ノータッチガイドで撮影を行った。緑色の本体はハッキリ写るが、尾は写ってくれなかった。やはり光害に埋もれているのだろうか。それから、移動速度がかなり速い。120秒露出を数コマ撮影しているあいだにも、コンポジットすれば目立つほど移動している。そこで、コンポジットは彗星の中心を基準に行った。そのため恒星の方が流れている。


20090207_mercury 一方、水星の方は薄明が始まってから東南東の空に昇ってきた。西方最大離角が一週間先の2月14日なので今日はまだ高度が低く、肉眼で何とか見える状態であった。双眼鏡では朝焼けが始まっても見えており、写真でも朝焼けの中を昇ってくる様子を撮影できた。

|

« おおぐま座M97、M108とその周辺 | トップページ | M78と馬頭星雲、およびLPS-P2によるゴースト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521118/43983280

この記事へのトラックバック一覧です: 2009/2/7 ルーリン彗星と水星:

« おおぐま座M97、M108とその周辺 | トップページ | M78と馬頭星雲、およびLPS-P2によるゴースト »